<伊藤園レディス 初日◇11日◇グレートアイランド倶楽部(千葉県)◇6741ヤード・パー72>

国内女子ツアー36戦「伊藤園レディス」が開幕。今大会で“年間女王”の決まる可能性がある山下美夢有がスタート、1.5メートルのきわどい距離のパットを沈めて1ホール目をパーとしてコースへと出て行った。


山下を逆転できる可能性を残す稲見萌寧、西村優菜、西郷真央の3人は揃って最終組でティオフ。地元千葉県出身の西郷はフェアウェイからスピンバックと傾斜を利用して1メートルにつけてバーディ。昨年2位に9打差をつけて優勝した稲見は、先に打った西郷のさらに内につけて楽々バーディを奪った。逆転女王へは3連勝しかない西村は右手前5メートルにつけたが沈められず。1ホール目をパーとしている。

今年の全米女子アマを制した馬場咲希は3ホールを消化して1アンダー。16位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>