「LIVゴルフ」は13日、2023年シーズンにオーストラリアでの大会開催を正式発表した。


南オーストラリア州の州都・アデレードに位置するザ・グランジGCが舞台。4月21〜23日の日程で行われる「LIVゴルフ・アデレード」は、来季の14大会の一つで、複数年数の開催となる。

現CEOのグレッグ・ノーマン(オーストラリア)は「これはオーストラリアでゴルフが発展する大きな機会になる」とコメントを発表。そして「キャメロン・スミスらのプレーが新しいゴルフを成長させている。オーストラリアには大きな可能性があり、LIVゴルフがデビューすることにとても興奮している」と語った。

米PGAツアーの大会はオーストラリアでは開催されておらず、オーストラリアでトッププレーヤーを観戦できる機会は「プレジデンツカップ」だけ。「スミスやマーク・リーシュマン、マット・ジョーンズというオーストラリアのトップ選手に加え、ダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー、フィル・ミケルソン(すべて米国)ら世界のスター選手が集まることを待ち望んでいた」と、ノーマンは付け加えた。

ザ・グランジGCは「サウス・オーストラリアオープン」などこれまでプロの大会を何度も催したメジャーコース。1976年に同コースで開催された「ウエストレイク・クラシック」では、ノーマンがプロとして初の勝利を挙げたコースでもある。「世界のベストゴルファーがザ・グランジGCに集まることにとてもエキサイトしている」と同コースの代表ニコル・ランタネン・レイノルド氏もコメントを発表した。

現在オフシーズンを迎えているLIVゴルフ。スミス、リーシュマンらは母国に戻り、DPワールド(欧州男子)ツアーと共催のオーストラリアPGAなどに参戦が予定されている。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>