大きな節目を迎えた国内男子「三井住友VISA太平洋マスターズ」には、全日入場無料ともあり、多くのギャラリーが終結。富士の麓でプレーオフの行方を見守り、大いに沸いた。国内女子ツアーでは史上最年少の“年間女王”が誕生。先週のトーナメントを一気に振り返る。


■国内男子「三井住友VISA太平洋マスターズ」(10〜13日、静岡県・太平洋クラブ 御殿場コース、賞金総額2億円)

トータル8アンダーで石川遼と星野陸也が首位に並び、勝負の行方はプレーオフへ。2ホール目にバーディを奪った石川が制し、3年ぶりの優勝。ツアー通算18勝目を挙げた。

2010年、12年に続き、50回を迎えた記念大会で10年ぶりの大会3勝目。尾崎将司、中嶋常幸、リー・ウェストウッド(イングランド)と並ぶ大会最多勝利数となった。

敗れた星野には出場試合2連勝がかかっていたが、目前で涙をのんだ。1打差の3位タイに岩田寛と勝俣陵、2打差の5位には河本力が入った。逃げ切りでプロ初優勝をねらった蝉川泰果は「76」と崩れて、トータル4アンダーは8位に終わった。

今週は宮崎県のフェニックスカントリークラブで「ダンロップフェニックス」が行われる。3年ぶりに海外からの招待選手を迎え、“ウッズ超え”を果たしたキム・ジュヒョン(韓国)、プレジデンツカップメンバーのコーリー・コナーズ(カナダ)ら米ツアー選手5名が参戦する。

■国内女子「伊藤園レディス」(11〜13日、千葉県・グレートアイランド倶楽部、賞金総額1億円)

山下美夢有がトータル12アンダーで逆転優勝。今季4勝目を飾って今季のメルセデス・ランキング1位が確定し、自身初の年間女王となった。21歳103日での戴冠は、2007年に21歳165日で賞金女王となった上田桃子を抜き、史上最年少。

1打差の2位に岸部桃子、2打差の3位に上田桃子、3打差の4位には昨年覇者の稲見萌寧が入った。「全米女子アマ」覇者の馬場咲希(代々木高2年)は、トータル2アンダー・30位タイでフィニッシュ。ローアマチュアを獲得した。

シーズンは残り2戦で、シード権争いもいよいよ大詰め。今週は愛媛県のエリエールゴルフクラブ松山で「大王製紙エリエールレディス」が行われる。

■米国女子「ペリカン女子選手権」(10〜13日、米フロリダ州・ペリカンGC、賞金総額200万ドル=約2億9000万円)

ネリー・コルダ(米国)がトータル14アンダーまで伸ばし、逆転で大会連覇を飾った。鎖骨下静脈の血栓の手術を受けて今季は長期離脱もあったなか、シーズン初勝利。今年1月末以来の世界ランキング1位返り咲きも決めた。

1打差の2位にレクシー・トンプソン(米国)、2打差の3位にアリセン・コープス(米国)が入った。

日本勢は笹生優花がトータル6アンダーの13位タイ、古江彩佳は「72」と最終日に苦しみトータルイーブンパーの48位タイとなった。

今週はポイントランキング上位者のみが出場する「CMEグループ・ツアー選手権」が開催。古江、笹生、そして畑岡奈紗、渋野日向子が参戦する。

■米国男子「ケイデンス・バンク ヒューストン・オープン」(10〜13日、米テキサス州・メモリアル パークGC、賞金総額840万ドル=約12億3500万円)

トニー・フィナウ(米国)がトータル16アンダーで逃げ切り、完全優勝で今季初勝利。ツアー通算5勝目を飾った。4打差の2位にタイソン・アレクサンダー(米国)、5打差の3位にベン・タイラー(イングランド)が続いた。地元での世界ランキング1位奪還に挑んだスコッティ・シェフラー(米国)はトータル6アンダーの9位タイ。

日本勢で唯一出場した松山英樹は、第3ランドの前半を終えて、首痛のため棄権した。

今週は米ジョージア州で「ザ・RSMクラシック」が開催される。松山はエントリーしていない。

■欧州男子「ネッドバンクゴルフチャレンジ」(10〜13日、南アフリカ・ゲーリープレイヤーCC、賞金総額600万ドル=約8億3000万円)

トミー・フリートウッド(イングランド)がトータル11アンダーで逆転優勝。ツアー通算6勝目。20年、21年大会はコロナ禍で大会中止となり、19年大会を制していたフリートウッドは3年越し大会連覇となった。

1打差の2位にライアン・フォックス(ニュージーランド)、2打差の3位にシュバンカー・シャルマ(インド)、3打差の4位にリッチー・ラムゼイ(スコットランド)が入った。

今週はアラブ首長国連邦で欧州ツアー最終戦「DPワールドツアー選手権」が開催。現在ランキング1位を走るローリー・マキロイ(北アイルランド)が出場し、21-22年シーズンのPGAツアー年間王者に続く2冠をねらう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>