14日付の女子ゴルフ世界ランキングが発表された。先週の国内女子ツアー「伊藤園レディス」で今季4勝目を飾り史上最年少での年間女王戴冠を決めた山下美夢有が7ランクアップの24位に。自己最高位として、日本勢の3番手に浮上した。


日本勢の最上位は畑岡奈紗で、10位を維持。以下、22位に古江彩佳、24位山下、25位に西郷真央、30位に稲見萌寧、32位に笹生優花と続いていく。渋野日向子は2ランクダウンの41位に後退した。

先週の米国女子ツアー「ペリカン女子選手権」で大会連覇を果たしたネリー・コルダ(米国)が、今年1月以来となる世界ランキング1位の座に返り咲いた。

19歳のアタヤ・ティティクル(タイ)が2位に後退。リディア・コ(ニュージーランド)が変わらず3位、コ・ジンヨン(韓国)が2ランクダウンの4位につけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>