米国女子ツアーはいよいよ今季最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」を迎える。長いシーズンはこの最終戦への出場資格を得る“レース・トゥ・CMEグローブシーズン”を戦ってきた。ポイント上位60名のみの精鋭が、米フロリダ州ネープルズのティブロンGCに集結する。


先週の「ペリカン女子選手権」(11月10〜13日)を終えてポイントレーストップに立っているのはリディア・コ(ニュージーランド)。2位はルーキーのアタヤ・ティティクル(タイ)、3位は「全米女子オープン」を制したミンジー・リー(オーストラリア)がつけている。

しかし、このレースは最終戦に出るためのもの。出場する60名のポイントはリセットされてゼロからスタート、つまり全員が同じく優勝賞金200万ドル、およそ2億8000万円を手にして“シーズン女王”に輝くチャンスがある。

日本勢は10位畑岡奈紗、16位古江彩佳、27位笹生優花、34位渋野日向子の4人が参戦、また33位のジェシカ・コルダ(米国)、51位のインビー・パーク(韓国)、52位のリン・グラント(スウェーデン)が欠場するため、繰り上げで61位のポーナノン・パットラム(タイ)、62位のステイシー・ルイス(米国)、63位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)が出場資格を得た。古江、渋野を含む10名が初出場となった。

一方、ポイントレースで得る来季の出場権も確定。エミリー・ペダーセン(デンマーク)の80位までがフルシード権を獲得、また81〜100位はカテゴリー11の準シードを得た。

また、最終戦では“賞”争いにも注目。ポイントで決まる“プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)”はリディアがミンジーを1ポイント差でリード。3位にブルック・ヘンダーソン(カナダ)とすでに“ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人賞)”が確定しているアタヤ・ティティクル(タイ)がつける4人の戦い。リディアもミンジーも今週勝てば文句なしに受賞が決まるが、ミンジーはトップ10に入ればリディアの順位次第、ブルックとティティクルは優勝でさらにリディアとミンジーが3位以下という条件が付く。

平均最少スコアの“ベアトロフィー”はリディア(69.049)がティティクル(69.435)を0.386差で大きくリード、ティティクルが逆転するには通算でリディアを「35打」以上上回る必要があると試算され、リディアがほぼ手中に収めている。

また名誉タイトルではあるが、“賞金女王”は現在ミンジーが375万9835ドルでトップ。しかし最終戦は200万ドルを得るため、8位のレクシー・トンプソン(米国)までチャンスがある。今週は見どころいっぱいで開催される。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>