<大王製紙エリエールレディス 事前情報◇16日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6575ヤード・パー71>

「大王製紙エリエールレディス」でレギュラーツアーに初出場する渋野日向子の妹・暉璃子(きりこ)が今後の展望を語った。


現在、明治大学に通う2年生。文学部で英米文学科を専攻している。一方で高校はゴルフ部のない地元・岡山県の県立高校だったが、大学進学後に初めてゴルフ部に。紺碧のユニフォームに身を包んで戦っている。

さらに今年は姉とともに出た8月の招待試合「シモーネ・アジアパシフィックカップ」でプロトーナメント初出場。そして9月のステップ・アップ・ツアー(下部ツアー)「山陽新聞レディース」で日本ツアー初出場と、着実にプロたちが活躍する舞台に足を踏み入れてきた。

すでに19歳となっており、今年もプロテストを受験する資格はあったが受けなかった。「まだ大学生なので、勉強とゴルフを4年までしっかりして、卒業してからプロテストを受けたいなと考えています」。高校卒業後にすぐに受験した姉とは対照的に、勉学を全うしてからプロとして勝負したいと青写真を描いている。

まずはゴルフ部でプロとなるための実力をつけている段階だ。“仕事”とするにはまだ先のこととなるが、プロのトーナメントに出場することで得られるものは少なくないだろう。「自分も緊張していますが、楽しんでやりたいですね」というプロの舞台。今後の糧となる一週間としたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>