<マイナビネクストヒロインゴルフツアー◇最終戦マイナビネクストヒロインファイナル 最終日◇18日◇東千葉カントリークラブ東コース(6562ヤード・パー72)>

将来ツアーで活躍することを目指す、JLPGAプロテスト合格前の若手女子ゴルファーが経験を積むための場として、2019年に始まったマイナビ ネクストヒロインゴルフツアー(共催:株式会社マイナビ、グローバルゴルフメディアグループ株式会社、GOLF Net TV株式会社)。


17日から2日間の日程で、今季12戦目となる最終戦「マイナビネクストヒロインファイナル」が東千葉CC東C(千葉県)で行われた。この最終戦は賞金総額1000万円、優勝賞金は500万円。出場資格は、マイナビネクストヒロインツアー(以下、MNGT)の年間ポイントランキング1〜30位までとワイルドカード(敗者復活戦)の上位2人を加えた32人の選手だ。

大会2日目の最終日、前半のハーフを終えて首位に立っていたのは、この日5アンダー首位スタートの鍋島海良。8番まですべてパーでしのぎ、9番パー5でバーディを奪取。続く大須賀望ら2位タイグループ5人に4打の差をつけて折り返した。

後半もスコアを伸ばしあぐねる選手が少なくない中、鍋島はさらに3つバーディを奪取して独走。終わってみれば、この日4バーディ・ノーボギーのストレスフリーで、4つスコアを伸ばし2日間トータル9アンダー。2位に4打の差をつける完全勝利だった。

「朝から緊張感がありパットが打ちきれず、ずっとモヤモヤしていました。それが9番の下りのバーディパットをしっかり打ち切れたことで、感じがよくなりました」と話したように、後半11番で長いパーパットを決めピンチをしのぎ、続く12番パー5でバーディを獲り、流れを自らの力で引き込んだ。

昨年のMNGT最終戦ではプレーオフにまで持ち込みながら、日没のためのアプローチ戦で敗れた悔しい経験を見事晴らした鍋島。「素直にすごくうれしい」というMNGT今季初優勝だった。

鍋島のスイングの特長は、強靱な下半身が繰り出す飛距離。ドライバーの飛距離は平均で250〜260ヤード。この日は3番パー4の打ち下ろしホールで300ヤード近く飛ばすビッグドライブもあった。

鍋島にゴルフを教えているのが、男子ツアーで飛ばし屋としても名が知られる永野竜太郎だというから、その飛距離には納得できる。「とにかく振ることを教えてもらいました。師匠には小学生のころから妹みたいに可愛がってもらっていて、心から尊敬しています」と話す。

下半身を使ってしっかり腕を振ることを教わった。最初のうちは「ぜんぜん振れていない」と永野から指摘された。「きのうの前半は足が止まって引っかけ球を打っていましたが、下半身を使うことを思い出して修正できました。きょうは緊張から肩に力が入って、上が強すぎていました。いつもスロースターターなんですが、後半になって下半身が動いてくれたのがよかったのだと思います」と永野の教えを実践できたことが勝利を呼び込んだと話す。

今季は最後にいい終わり方ができた。これからは来季の準備に入る。「オフはしっかりときついトレーニングをやって、来シーズンに備えます」と、力強く前を向く鍋島。MNGTツアーでの活躍はもちろんだが、プロテスト合格も絶対目標。優勝賞金500万円は「ちょっとだけご褒美につかって、あとは貯金します」と笑顔を見せた。すべてはプロテスト合格という目の前の目標に向かってつかわれてゆくことだろう。(文・河合昌浩)

<ゴルフ情報ALBA.Net>