<CMEグループ・ツアー選手権 3日目◇19日◇ティブロンGC(米フロリダ州)◇6556ヤード・パー72>

米国女子ツアーの最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」は第3ラウンドがスタート。現地時間午前8時(日本時間午後10時)に第1組目がコースへと飛び出していった。


その1組目でプレーする笹生優花は、2日目まで「75」、「77」と苦戦している。急浮上のムービングデーにしたいところ。

トータル1オーバー・45位タイからの浮上をねらう渋野日向子は、ハナ・グリーン(オーストラリア)と日本時間午後11時10分にティオフを迎える。19年の「全米女子プロ」優勝者のハナと同年「AIG全英女子オープン」を制した渋野。“19年メジャー覇者”の組み合わせで、急浮上といきたい。

トータル3アンダーの22位タイにつけている古江彩佳はダニエル・カン(米国)と20日午前1時10分から、3位タイにつける畑岡奈紗はアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)と午前2時40分からのスタート。首位に立つリディア・コ(ニュージーランド)との差は6打と大きいが、猛チャージといきたい。

CMEグローブポイントランキング上位60人が、優勝賞金200万ドル(約2億8000万円)をかけて、4日間予選落ちなしでぶつかり合う今大会。前週までのポイントはリセットされ、今週の勝者がポイントイレースの“年間女王”となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>