<CMEグループ・ツアー選手権 3日目◇19日◇ティブロンGC(米フロリダ州)◇6556ヤード・パー72>

優勝者が年間女王に輝く米女子ツアー最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」は第3ルアン度が終了。レオナ・マグワイア(アイルランド)が9バーディ・ボギーフリーの「63」と猛チャージを見せ、トータル15アンダーでリディア・コ(ニュージーランド)と並んで首位に浮上した。年間女王をかけて残り18ホールに臨む。


シーズンポイントランキング1位で最終戦を迎えたリディア・コ(ニュージーランド)は、第2ラウンドを終えて、2位に5打差をつけて独走態勢を築きつつあったが、この日はスコアを2つ伸ばすだけにとどまり、マグワイアに追いつかれた。2人と後続との間には5打差がついており、年間女王争いは2人が大きくリードしている。

トータル10アンダーの3位タイにはイ・ジョンウン6(韓国)とジェマ・ドライバーグ(スコットランド)、トータル9アンダーの5位タイには、この日「65」と7つ伸ばしたブルック・ヘンダーソン(カナダ)とアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)が続く。

3位タイからスタートし、最終組の1つ前を回っていた畑岡奈紗は、3バーディ・2ボギーの「71」のラウンドで、トータル8アンダー・7位タイに後退。多くの選手がバーディを獲ってくる終盤の17番パー5で、ティショットを右に曲げるトラブルからボギーを叩いてしまい、年間女王が遠のく第3ラウンドとなってしまった。

そのほかの日本勢では、古江彩佳がパープレーの「72」でトータル3アンダー・28位タイ、渋野日向子が「69」と3つ伸ばしてトータル2アンダー・34位タイ、笹生優花は「74」と2つ落として、トータル10オーバー・60位であすの最終日を迎える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>