<大王製紙エリエールレディス 最終日◇20日◇エリエールゴルフクラブ松山(愛媛県)◇6575ヤード・パー71>

国内女子ツアーは最終ラウンドが終了した。首位と1打差で出た藤田さいきが4バーディ・ボギーなしの「67」をマークし、トータル21アンダーで逆転。2011年「富士通レディース」以来となる11年35日ぶりの通算6勝目、自身初のミセスVを果たした。


前半で2ストローク伸ばし、単独首位の鈴木愛と1打差で後半へ。11番で首位に並ぶと、その後は2つのバーディを奪うなど一歩抜け出した藤田。最終18番をパーで締めると、鈴木とのがっぷり四つのつばぜり合いに終止符を打った。72ホール「263」ストロークでツアー最少記録(パー71)を4打更新。ニューレコードで自身の復活Vに華を添えた。

鈴木はトータル20アンダー・2位。今季初優勝にはあと一歩届かなかった。トータル15アンダー・3位に菊地絵理香。トータル13アンダー・4位タイには上田桃子、岩井明愛、野澤真央、リ・ハナ(韓国)が入った。

昨年覇者の原英莉花はトータル8アンダー・15位タイ。「全米女子アマ」覇者の馬場咲希(代々木高2年)も同順位で終えて、ローアマチュアを獲得した。

【最終日の上位成績】
優勝:藤田さいき(-21)
2位:鈴木愛(-20)
3位:菊地絵理香(-15)
4位:上田桃子(-13)
4位:岩井明愛(-13)
4位:野澤真央(-13)
4位:リ・ハナ(-13)
8位:勝みなみ(-12)
9位:川岸史果(-10)
9位:大出瑞月(-10)

<ゴルフ情報ALBA.Net>