<CMEグループ・ツアー選手権 最終日◇20日◇ティブロンGC(米フロリダ州)◇6556ヤード・パー72>

ポイントランキング上位60人が出場する米国女子ツアーの今季最終戦は、現在最終ラウンドの競技が進行中。日本時間20日午後10時59分にスタートした渋野日向子は、先ほど前半のラウンドを終えた。


3日目を終えトータル2アンダー・34位タイだった渋野は、アリー・ユーイング、アリセン・コープス(ともに米国)と10番からティオフ。そのラウンドは、スタートホールから13メートルのパットを沈めるバーディから始まった。

しかし続く11番ではティショットを曲げ右のブッシュに入れると、フェアウェイに戻した後の3打目が今度はグリーン右の池につかまる。結果的に5オン2パットのトリプルボギーとなり、スコアもイーブンパーまで一気に戻された。ただその後は15番でバーディを奪い、ほかも危なげなくパーセーブ。トータル1アンダーで後半のアウトコースへ向かった。

トータル8アンダー・7位タイから上位進出を狙った畑岡奈紗は、1番パー5から2打目が右のペナルティエリアに入るなど苦しみトリプルボギー発進に。3番でバーディを奪い、現在トータル6アンダーでプレーしている。渋野の1組前に10番からスタートした古江彩佳は、前半1つ伸ばしてトータル4アンダーで後半へ。笹生優花は前半をプレー中。

最終組もすでにスタート。現在トータル15アンダーでレオナ・マグワイア(アイルランド)がトップに立つ。1打差でリディア・コ(ニュージーランド)が追う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>