<CMEグループ・ツアー選手権 最終日◇20日◇ティブロンGC(米フロリダ州)◇6556ヤード・パー72>

ポイントランキング上位60人のみが出場する、米国女子ツアーの今季最終戦が終了。トータル17アンダーで優勝を決めたリディア・コ(ニュージーランド)が、2022年シーズンの年間女王の座と、優勝賞金200万ドル(約2億8000万円)を手にした。また年間女王のほか、最優秀選手、賞金女王、最少ストロークの4冠を達成した。


2打差のトータル15アンダー・2位にはレオナ・マグワイア(アイルランド)。トータル14アンダー・3位にアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)が続いた。

4人が出場した日本勢のトップは、トータル3アンダー・25位タイで4日間を終えた古江彩佳。ルーキーながら今季1勝を挙げた22歳は、強風と雨のなか2バーディ・2ボギーの「72」と粘りを見せた。

トータル8アンダー・7位タイで3日目を終えた畑岡奈紗は、1バーディ・4ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの「80」とまさかの乱調。トータルスコアもイーブンパーまで落とし、41位タイで今季を終えることになった。渋野日向子は「76」でトータル2オーバー・49位タイでのフィニッシュ。笹生優花は「70」と2つ伸ばし、トータル8オーバー・59位タイで終えた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>