先週行われた国内女子ツアー「大王製紙エリエールレディス」は、多くの選手にとってシーズンの最終戦となった。ここでメルセデス・ランキング(以下MR)50位以内に入った選手は、来季のフル出場権、すなわちシード権を獲得。1年に及ぶ長き争いが決着を迎えた。それにまつわる“あれこれ”をまとめてみた。


■初シード選手は?

今季初めてシードを獲得したのは、今年9月のメジャー大会「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」での初勝利など今季2勝を挙げた川崎春花(MR14)ら11人。記録が残る2001年以降の最多は06年、08年の14人で、それには及ばない。ただ18年から5シーズン連続で二桁人数が初シードを手にしており、近年の“新陳代謝のよさ”がうかがえる。

【今季初シードを獲得した選手】川崎、岩井千怜(MR17位)、佐藤心結(同27位)、佐久間朱莉(同29位)、セキ・ユウティン(同35位)、後藤未有(同36位)、岸部桃子(同39位)、岩井明愛(同40位)、尾関彩美悠(同41位)、阿部未悠(同44位)、小倉彩愛(同50位)

■平均年齢は?

今季シードを獲得した50人の平均年齢は26.6歳(22年12月31日時点)。最年少は19歳の川崎、佐藤、尾関のルーキートリオで、最年長は40歳の全美貞(韓国、MR33位)。

この26.6歳は2001年以降で3番目の年少記録となった。最年少は20-21年シーズンの26.3歳で、次いで19年の26.4歳が2位。これに続く記録だ。01年から5シーズンは30歳オーバーだったが、それ以降は17季連続で20歳台となっており、若年化が進んでいることも感じられる。

■シード喪失者も…

初シードや復帰などでよろこぶ者がいる一方、当然ながらその権利を喪失した選手も。そこにはツアー14勝の35歳・有村智恵(MR60位)や、26歳の岡山絵里(同64位)、27歳の永峰咲希(同65位)といった実力者の名前も並ぶ。

また43歳の李知姫(韓国、MR81位)は01年から守ってきた権利を失った。21季連続となればツアー記録更新だったが、それは実現しなかった。

【上記以外の主なシード喪失者】酒井美紀(MR63位)、柏原明日架(同79位)、若林舞衣子(同87位)、比嘉真美子(同141位)

■最長継続は?

20季連続の李知姫が喪失したことで、シード継続の最長は17季連続の全美貞。続いて14季連続の申ジエ(韓国、MR16位)となった。このほか10季以上は11季連続のテレサ・ルー(台湾、同46位)、10季連続の穴井詩(同48位)の4人となる。

■51位以下は“準シード選手”

惜しくもシード圏内には届かなかったものの、51位〜55位の選手には来季の第1回リランキングまでの出場権が約束される。51位から桑木志帆、河本結、安田祐香、リ・ハナ(韓国)、上野菜々子が、“準シード”と呼ばれる権利を手にした。

また56位〜70位の選手は、QTファーストステージが免除になる。100人弱が出場するQTファイナルの出場者は、悪くとも来季の下部ツアー(ステップ・アップ・ツアー)には出場できるため、メリットは大きい。(※同年のシード選手はランキングに関わらずQTファイナルから出場できる)



来季の中心選手を担う花形プレーヤー50人。ただし群雄割拠の女子ツアーで、その椅子が約束されているのは、複数年シードを持つごく一部の選手のみともいえる。23年シーズンが終わった時、顔ぶれにどんな変化があるのか? 予想もつかない戦いが、また繰り広げられることになる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>