<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 事前情報◇22日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6487ヤード・パー72>

「1年前も、シーズンが始まってからも、想像していませんでした。まさか自分がリコーカップに出られると思っていなかったので、この場にいられるのがうれしいですし、いままで支えてくださった方へ感謝の気持ちでいっぱいになりました」


2022年シーズン最終戦の舞台に立ち、川崎春花がルーキーイヤーを振り返った。昨年11月のプロテストに一発合格した19歳。だが、「前半は苦しくて、自分が想像していたようなプロゴルファーの生活、成績ではなかった」と、QTランキングは62位でスタート。下部のステップ・アップ・ツアーが主戦場になるなど、シーズンの初めは苦悩の日々が続いていたという。

しかし、8月に一変する。下部の「山陰ご縁むす美レディース」でプロ初優勝を飾ると、女子プロNo.1を決める国内メジャー「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」で大会史上最年少Vなど記録ずくめのレギュラーツアー初優勝。そして「NOBUTA GROUP マスターズGC レディース」で2勝目を挙げた。

「後半戦から優勝できたり、自分が思っている以上の成績が出せました。振り返ってみるといろいろ経験できたので、充実した一年だったかなと思います」。日本女子プロも予選会を突破しての出場だった。プロとしての酸いも甘いも経験して、トッププロの仲間入り。ツアー2勝、メジャー覇者の肩書を背負って、最終戦を迎えることができた。

同じような経験をしたルーキーがもうひとり。昨年6月のプロテストに合格した岩井千怜(ちさと)だ。コロナ禍で例年より半年ほど遅れたが、こちらも晴れて一発合格。同年には下部ツアーで優勝を飾り、双子の姉・明愛(あきえ)がそれに続いて姉妹2週連続Vを果たすなど、注目を浴びた。

しかし、今季は「QTに失敗」してランキング90位からスタート。ステップが主戦場となったが、主催者推薦選考会(マンデートーナメント)などを経て、限られたレギュラーツアーの試合で着実に成績を残した。すると、8月「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でレギュラーツアー初優勝。さらには次戦の「CAT Ladies」も制し、史上3人目となる初優勝からの2週連続Vという快挙を成し遂げた。

「前半戦も限られた試合で結果を残さないといけない苦しい状態だったのですが、後半戦で優勝できて、いままでになかった経験ができました。あっという間のあっという間でした」と振り返り、自己採点も「満点以上」の充実した一年になった。「あまり(想像)していなかったですね。シードを取れたらいいなと思ってやっていたので、ここまで来ることができてうれしいです」と、初めての宮崎戦を迎えることができた。

「限られた人しか出場できない。みんなが出たいと思うような大会。上位にはいきたいし、いいプレーができたら上位にいける。コースも難しいですし、目の前の一打に集中して頑張りたいです」と川崎が話せば、岩井も「最後に勝ちたいですし、勝てなくても楽しかったと思えるようなプレーがしたいですね」と意気込む。

ほかにもルーキーでは、尾関彩美悠(あみゆ)が1勝を挙げて出場し、未勝利ながらも佐久間朱莉(同29位)が参戦。それぞれうれしさを胸に抱きながら、最後の戦いでルーキーイヤーに華を添える。

<ゴルフ情報ALBA.Net>