<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇26日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6487ヤード・パー72>

国内女子ツアーの最終戦はいよいよ残り2日間となった。先週、米国女子ツアー最終戦を終えたばかりで強行出場している渋野日向子は2日目を終えてトータル3アンダーの17位タイから上位を目指し、1番では3メートルのバーディチャンスにつけたが、これを外しパーとしてスタートした。


初日は3アンダーの好スタートを切ったが、2日目は前半で3ボギー。その後は3バーディを奪い持ち直したが、首位とは8打差と開いた。残された36ホールで差を縮めることができるか。

トータル11アンダーの単独首位にはイ・ミニョン(韓国)。3打差の2位タイに年間女王の山下美夢有とセキ・ユウティン(中国)。2日目に「64」をマークした勝みなみに加え、菊地絵理香、昨年覇者の三ヶ島かながトータル7アンダーの4位タイに並んでいる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>