<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇26日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6487ヤード・パー72>

国内女子ツアーの最終戦は、第3ラウンドが進行中。渋野日向子は前半でスコアカード通りにパーを並べて、トータル3アンダー・15位タイで後半に入っている。


スタートの1番パー4は約3メートルにつけるも、これを決められずにパー発進。その後はなかなかチャンスを演出できず、前半はオールパーに。バックナインで停滞しているスコアを動かしにかかる。

トータル12アンダー・単独首位にイ・ミニョン(韓国)。3打差2位タイに昨年覇者の三ヶ島かな、勝みなみ、セキ・ユウティン(中国)、5打差5位タイには今季の年間女王・山下美夢有、稲見萌寧、菊地絵理香、鈴木愛が続いている。

2週連続優勝がかかる藤田さいきは、8ホール消化時点でトータル2アンダー・19位タイ。2020年大会覇者の原英莉花はトータル3アンダー・15位タイで後半をプレーしている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>