<JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 3日目◇26日◇宮崎カントリークラブ(宮崎県)◇6487ヤード・パー72>

今年最後の試合を戦う渋野日向子は1バーディ・3ボギーの「74」とスコアを伸ばせず、トータル1アンダーでホールアウト。ムービングデーの爆発はならず、終了時点で首位と11打差に後退した。


ショットは安定感を保ちながら進むが、ミドルパットが決まらず、バーディを奪えない展開が続く。そのままイーブンパーで後半に入ると、11番パー5で2オンに成功し2パットのバーディ。ここから伸ばしにかかるかと思われたが、13番パー5では3打目をグリーン奥にこぼしボギーとすると、そこから3連続ボギーと一気に崩れた。

「スタートからいいバーディチャンスにつけられたけど、なかなかパットが決まらず。最終的にはショットも悪くなる状況だったので、すごい悔しかったです」と、徐々にリズムが悪くなり、グリーン上、そしてショット面にも影響がおよんでいった。

終盤の連続ボギーは「ショットも良くないし、パッティングもアプローチも良くない」。ウェッジでオーバー、3パットと、気持ちよくプレーをさせてもらえない時間が続いた。自身でもその原因究明をしたいと話すほど、すべてがかみ合わなかった。

パッティングのショートが多く、奪ったバーディがひとつだけとふがいない内容だった。いよいよ残すところあと一日だが、今季のラストラウンドではこの不振を吹き飛ばす内容でカムバックを目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>