2022年も残りわずか! 国内男子ツアーは1年を締めくくる最終戦を実施。米国ツアーも、タイガー・ウッズがホストを務めるツアー外競技で今年を終えた。その結果をまとめてどうぞ!


■国内男子「ゴルフ日本シリーズJTカップ」(1〜4日、東京都・東京よみうりCC、賞金総額1億3000万円)

今季優勝者や賞金ランキング上位者のみ総勢30人が集結したシーズン最終戦が行われた。首位と4打差から出た谷原秀人が、最終日に5バーディ・ボギーなしの「65」をマーク。トータル12アンダーで逆転し、ツアー通算17勝目を大会連覇で飾った。

トータル11アンダー・2位タイに出水田大二郎、岩田寛、チャン・キム(米国)。トータル10アンダー・5位タイには石川遼、小平智が入った。

プロ4戦目の蝉川泰果(せみかわ・たいが)はトータル8アンダー・8位タイ。今季賞金王の比嘉一貴はトータル2アンダー・20位タイで4日間を終えた。

■米国男子※ツアー外競技「ヒーローワールドチャレンジ」(1〜4日、バハマ・アルバニー、賞金総額100万ドル=1億3400万円)

タイガー・ウッズ(米国)がホストを務める大会は、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだビクトル・ホブラン(ノルウェー)が今年も活躍。首位から出た最終日に「69」と伸ばし、トータル16アンダーで連覇を達成した。

2打差の2位にはスコッティ・シェフラー、4打差の3位にキャメロン・ヤングが続いた。大会には20選手が出場。当初は出場予定だった松山英樹は欠場、ウッズも開催週に右足を故障し出場を見送っていた。

これで米国男子ツアーは年内の大会が終了。来年1月5日に米ハワイ州で開幕する「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」が2023年初戦となる。

■欧州男子「ISPSハンダオーストラリアオープン」(1〜4日、オーストラリア・ビクトリアGC、キングストン・ヒースGC、賞金総額170万豪州ドル=1億5470万円)

男女同時開催で行われたオーストラリアのナショナルオープンは、ポーランドのアドリアン・メロンクが「66」をマークして逆転。トータル14アンダーで、昨季の「ホライゾン・アイルランドオープン」に続くツアー2勝目を挙げた。トータル9アンダー・2位にアダム・スコット(オーストラリア)。

金谷拓実はトータル1アンダー・24位タイ。久常涼は「76」とスコアを崩し、トータル1オーバー・31位タイに終わった。アマチュアの岡田晃平(東北福祉大3年)は、51位タイでセカンドカット。川村昌弘は第1ラウンド途中に棄権した。

今大会は来年の「全英オープン」予選会も兼ねており、3位のミンウ―・リー(オーストラリア)、4位タイのアレハンドロ・カニザレス(スペイン)、ヘイドン・バロン(オーストラリア)が出場権を獲得した。

なお女子は今年の「AIG女子オープン」(全英)覇者のアシュレー・ブハイ(南アフリカ)がトータル12アンダーで優勝。2013年大会覇者の申ジエ(韓国)がトータル11アンダー・2位に入った。吉田優利は、トータル1アンダー・11位タイで4日間を終えた。

■欧州男子「南アフリカオープン」(1〜4日、南アフリカ・ブレア・アトールゴルフ&エクエストリアン・エステート、賞金総額150万ドル=約2億円)

地元・南ア出身の26歳、スリストン・ローレンスがトータル16アンダーで優勝。通算3勝目を挙げた。

1打差の2位にクレメント・ソルデ(フランス)、2打差の3位にイェンス・ファーブリング(スウェーデン)が続いた。日本勢は出場していない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>