パー3のティショットは、もちろんグリーンを狙うのですが、打ち下ろしのときにグリーン面ばかり意識してしまうと体が突っ込んでミスをしやすい。だから、プロゴルファーは空中にターゲットを作っています。


例えばピンの先に見える高い木でも良いし、鉄塔や電線でもOK。何も目標物がないときは最高到達点をイメージして打つだけでもスイングのバランスを崩しにくくなります。

距離の目安は表示からマイナス10ヤード前後。1番手小さいクラブで打つのがセオリーですが、風の影響によっても番手は変わります。打ち下ろしのホールは風が舞っているので風の影響が大きい。風で飛距離が落ちるアゲインストならそのままの番手、フォローなら2番手下げる選択肢もありです。

今野康晴
いまの・やすはる/1973年生まれ。日本ツアー通算7勝をマークし、2005年には賞金ランキング2位に。戦略的なゴルフでマネジメント術に長けた選手として活躍。現在は若手選手の指導も行う

杉澤伸章
すぎさわ・のぶあき/1975年生まれ。2002年から丸山茂樹の専属キャディとしてPGAツアーに参戦。宮里優作の初優勝時のキャディをつとめ、現在もスポット参戦で岩﨑亜久竜などとコンビを組む


<ゴルフ情報ALBA Net>