米国女子ツアーの来季の出場権を決める最終予選会「LPGA Qシリーズ」が30日(木)から6日間の日程で行われる。日本からは西郷真央、吉田優利、馬場咲希の3人が出場。開幕を前に初日の組み合わせが発表された。


西郷は、日本時間30日 午後11時25分から日本勢トップでスタート。馬場は同日の午後11時58分、吉田は1日午前0時31分から、米国女子ツアーへの切符を賭けた戦いを始める。

競技は108ホールのストロークプレーで、第4ラウンド終了時点でカットが行われる。賞金総額15万ドルが用意されており、45位(タイを含む)以内の選手が獲得できる。20位(タイを含む)まではカテゴリー14の2024年LPGAツアーステータス、 21位〜45位(タイを含む)はカテゴリー15の2024年LPGAツアーステータスと、カテゴリーCの2024年エプソンツアーのステータスが獲得できる仕組みだ。

<日本人選手スタート時間(日本時間)>
・西郷真央 11月30日 午後11時25分
・馬場咲希 11月30日 午後11時58分
・吉田優利 12月1日 午前0時31分


<ゴルフ情報ALBA Net>