今年からプロ生活をスタートさせる馬場咲希が、米国女子の下部ツアーに出場することがわかった。すでに開幕からの3試合にエントリー済み。自身のインスタグラムを更新し、報告した。


「2024年のEpson Tourにエントリーしました事をお知らせします!」とスタートさせた投稿では、「スポンサーの皆さんや父、周りでサポートしてくれる皆さんのお陰で試合に出る事が出来るんだと強く感じました」と周囲への感謝も述べている。

25日にブリヂストンの新ボール発表会に出席した際には、米下部のエプソンツアーに挑戦する意向も示していたが、初戦は米国で迎えることになりそうだ。3月8日にフロリダ州で開幕する「フロリダズ・ナチュラル・チャリティー・クラシック」から3週連続で戦うことになる。

米ツアー出場権をかけて行われた昨年のQスクールでは2次から挑戦し、最終の「Qシリーズ」に進出。そこではツアー出場権を得られる45位以内を逃したが、エプソンツアーの出場権利は獲得していた。

馬場は昨年11月に行われた最終プロテストにも合格しており、国内女子ツアーにも推薦などで出場が可能。国内下部のステップ・アップ・ツアーは新人の資格で出場権を有しており、こちらは4月に開幕。日米を股にかけた戦いが続いていく。

エプソンツアーで年間ポイントランキング10位までに入れば、来年の昇格が決定する。「プロ1年目の冒険、応援よろしくお願いします!」と明るく投稿を締めくくった。


<ゴルフ情報ALBA Net>