29日付けの女子世界ランキングが発表された。米国女子ツアー第2戦「LPGAドライブオン選手権」で通算9勝目を挙げたネリー・コルダ(米国)が2ランクアップの2位に順位を上げた。


ランキング1位はリリア・ヴ(米国)。3位以降はイン・ルオニン(中国)、セリーヌ・ビュティエ(フランス)と続いている。

日本勢では9位タイで終えた畑岡奈紗は17位。2週連続で4位タイに入った古江彩佳は5つランクアップし19位へ。パリ五輪代表圏内の2番手に浮上した。

3番手以降は、山下美夢有(20位)、笹生優花(27位)、岩井明愛(35位)、西郷真央(47位)までがトップ50に入っている。今季米ツアー初戦となった西郷は1ランクダウンとなった。

そのほか、西村優菜が70位、吉田優利が71位、稲見萌寧は2つ順位を上げ72位、予選落ちとなった勝みなみは88位と5つ順位を落とした。渋野日向子は5つ順位を落とし105位に位置している。

米国女子ツアーは3週間のオープンウィークを挟み、次戦は東南アジアのタイで「ホンダLPGAタイランド」(2月22日開幕)が行われる。


<ゴルフ情報ALBA Net>