<WMフェニックス・オープン 2日目◇9日◇TPCスコッツデール スタジアムC(米アリゾナ州)◇7261ヤード・パー71>

初日が悪天候により日没順延となったため、大会2日目は第1ラウンドの残りと第2ラウンドが行われたが、この日も朝から霜がおりて再開が1時間43分遅れ。2日続けて日没順延となった。


松山英樹は第1ラウンドの8番からプレーを再開し「69」。続く第2ラウンドではボギーなしの3バーディで「68」。トータル5アンダー・暫定18位タイとした。

初日、すでにプレーを終えていた久常涼は2オーバーからスタート予定だったが、日没時間と同じ時間のティオフで、1ホールも消化できずに終わった。

トータル12アンダーの暫定首位タイにアンドリュー・ノバク(米国)とニック・テイラー(カナダ)。2打差のトータル10アンダー・暫定3位にマーベリック・マクニーリー(米国)が続く。

大会3連覇を狙う世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米国)が、トータル8アンダーまで伸ばして暫定5位につける。

なお、第2ラウンドは現地時間午前7時30分に再開予定。


<ゴルフ情報ALBA Net>