2月29日から開催される「ダイキンオーキッドレディス」で国内女子ツアーの新シーズンが幕を開ける。通年の出場権を持つシード選手は50人。さらに前半戦の出場権を持つ選手は昨年の賞金ランキング51〜55位の選手やステップ・アップ・ツアーの賞金ランキング1、2位などだ。そのほか、QT上位者も前半戦出場権を保持。そんなツアーの主力選手たち94人のデータをとことんチェックする。今回は『選手の出身地』について。




東西で出身者を比べてみると、東日本(北海道、東北、関東、中部地方)は42人、西日本(近畿、中国、四国、九州・沖縄地方)は40人と、ほぼ互角。シード選手に限れば、東日本が24人、西日本が22人という結果になった。

都道府県別では、もっとも多いのは大阪府。2季連続の年間女王・山下美夢有や、初シード選手の仁井優花、枚方市出身の木村彩子、八尾市出身の濱田茉優とシード選手だけでも4人。QT上位選手は、岡山絵里、上野菜々子、高木萌衣、森井あやめと合計8人が大阪府出身だ。全員が“20代”とフレッシュな面々が活躍している。

2位タイには6人で神奈川県と北海道がランクイン。神奈川県は、ツアー2勝の川岸史果や“黄金世代”の原英莉花、ルーキーの年から2年連続でシード権を獲得した佐藤心結らがいる。北海道は昨季メルセデス・ランキング4位の小祝さくら、菊地絵理香、阿部未悠、内田ことこなどを擁している。

そして、4位タイには東京都と埼玉県で5人。東京都は、昨年2勝を挙げブレークをした菅沼菜々や今年から米ツアーに参戦している稲見萌寧ら。埼玉県は岩井ツインズ(明愛、千怜)や21歳の佐久間朱莉など、若手ホープたちの名が目立った。東京、神奈川、埼玉と関東の首都圏から、多数のプロを輩出していることが分かる。

海外出身選手は12人で、一番多いのは8人の韓国。台湾が2人、タイが1人、米国が1人という結果になった。



【北海道・東北 10人】
北海道 ※小祝さくら、※菊地絵理香、※阿部未悠、※内田ことこ、宮澤美咲、吉本ここね
青森県 ―
岩手県 ―
宮城県 山路晶、大須賀望
秋田県 ―
山形県 ―
福島県 ※蛭田みな美、岸部桃子

【関東 24人】
茨城県 ※金澤志奈、※小滝水音
栃木県 ※藤田さいき
群馬県 ※青木瀬令奈
埼玉県 ※岩井明愛、※岩井千怜、※佐久間朱莉、小林夢果、工藤遥加
千葉県 ※吉田優利、※西郷真央、仲宗根澄香、吉澤柚月
東京都 ※菅沼菜々、※稲見萌寧、※永井花奈、宮田成華、村田理沙
神奈川県 ※川岸史果、※原英莉花、※佐藤心結、木戸愛、鶴岡果恋、高木優奈

【中部 6人】
新潟県 ※高橋彩華
富山県 ―
石川県 ―
福井県 ―
山梨県 橋添穂
長野県 ―
岐阜県 ※神谷そら
静岡県 ―
愛知県 ※穴井詩、※野澤真央、鬼頭さくら

【近畿 15人】
三重県 ―
滋賀県 ※吉本ひかる、藤田かれん
京都府 ※川崎春花
大阪府 ※山下美夢有、※仁井優花、※木村彩子、※濱田茉優、岡山絵里、上野菜々子、高木萌衣、森井あやめ
兵庫県 ※ささきしょうこ、※古江彩佳、※安田祐香、竹内美雪
奈良県 ―
和歌山県 ―

【中国 6人】
鳥取県 ―
島根県 浜崎未来
岡山県 ※桑木志帆、※尾関彩美悠、小倉彩愛、小林光希
広島県 小西瑞穂
山口県 ―

【四国 5人】
徳島県 ※鈴木愛、堀琴音
香川県 ※森田遥
愛媛県 河本結、丹萌乃
高知県 ―

【九州・沖縄 16人】
福岡県 ※福田真未、※天本ハルカ、※後藤未有、三ヶ島かな
佐賀県 ―
長崎県 ※櫻井心那
熊本県 ※上田桃子、※竹田麗央、※笠りつ子、大里桃子
大分県 ―
宮崎県 ※永峰咲希、※山内日菜子、柏原明日架、脇元華
鹿児島県 ―
沖縄県 新垣比菜、千葉華、宮里美香

【海外 12人】
韓国 ※申ジエ、※ペ ・ソンウ、※リ・ハナ、※イ・ミニョン、※全美貞、宋ガウン、アン・シネ、李知姫
台湾 ウー・チャイェン、テレサ・ルー
タイ P.サイパン
米国 エイミー・コガ

(注)※は通年の出場資格を持つシード選手


<ゴルフ情報ALBA Net>