<HEIWA・PGMチャリティゴルフ 最終日(1日競技)◇24日◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)◇7116ヤード・パー73(男子)、6359ヤード・パー73(女子)>

男女トッププロのペアマッチ「HEIWA・PGMチャリティゴルフ」が終了。フォアボール形式(ペアが各自のボールをプレーし、いい方のスコアを採用)での頂点が争われ、14アンダー“59”を叩き出した馬場咲希&蝉川泰果ペアが優勝を果たした。


18歳の馬場は2022年の「全米女子アマ」覇者。昨年のJLPGAプロテストに合格した期待のルーキーだ。23歳の蝉川は昨季に最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」を制するなどシーズン2勝をマーク。賞金ランキングは2位に入った。若き飛ばし屋コンビが並みいるペアをおさえて、優勝賞金2000万円(賞金の5%をチャリティ)をつかんだ。

トータル12アンダー・2位に河本結&嘉数光倫。トータル11アンダー・3位タイには上田桃子&片山晋呉、吉田優利&永野竜太郎、福田真未&正岡竜二が入った。大里桃子&杉浦悠太はトータル10アンダー・6位だった。

政田夢乃&河本力はトータル6アンダー・12位タイ。昨年のプロテストでトップ合格を果たした清本美波は大槻智春とペアを組み、トータル5アンダー・16位タイで大会を終えた。

大会の模様はあす25日(日)の午後1時30分からBS朝日で放送される。


<ゴルフ情報ALBA Net>