<ポルシェ シンガポール・クラシック 3日目◇23日◇ラグーナ・ナショナル・ゴルフリゾートC(シンガポール)◇7420ヤード・パー72>

シンガポールで開催されるDPワールド(欧州)ツアーは第3ラウンドが終了。19位からスタートした星野陸也は5バーディ・2ボギーの「69」でプレー。トータル8アンダー・13位タイで最終日へと向かう。


2バーディで前半を折り返すと、10番でこの日ひとつ目のボギー。13番から3連続バーディを奪ったが、16番でボギーを喫した。首位と5打差の位置から優勝争いに加わっていく。

川村昌弘は後半だけで5つ伸ばすチャージで、ボギーフリーの「67」をマーク。トータル6アンダー・26位タイに浮上した。6バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「69」で回った中島啓太は、トータル4アンダー・44位タイにつけている。

ツアー未勝利のデービッド・ミクルージー(オーストラリア)がトータル13アンダーで単独首位。1打差の2位タイにアンディ・サリバン、サム・ベアストー(ともにイングランド)が並んでいる。

世界ランキング34位でフィールド最上位につけるシェーン・ローリー(アイルランド)は「66」と伸ばし、トータル8アンダーで星野と同順位の13位タイグループに入っている。


<ゴルフ情報ALBA Net>