3月25日付けの女子世界ランキングが発表された。米国女子ツアー「ファーヒルズ朴セリ選手権」で今季2勝目を挙げたネリー・コルダ(米国)は2位からトップに浮上。昨年8月以来となる世界ランキング1位に復帰した。2位以降は、リリア・ヴ(米国)、セリーヌ・ビュティエ(フランス)、イン・ルオニン(中国)、ミンジー・リー(オーストラリア)と続く。


日本勢トップの畑岡奈紗は、2ランクダウンの18位。以降は古江彩佳(21位)、山下美夢有(26→23位)、笹生優花(24→26位)でここまでがトップ30入り。岩井明愛が37位、西郷真央は43位でトップ50に入っている。

ほか、鈴木愛は53位、西村優菜は73位、稲見萌寧は83位、原英莉花は102位、渋野日向子は135位となっている。

国内女子ツアーの「アクサレディス宮崎」でツアー初優勝を果たした臼井麗香は943位から654人抜きの289位に入った。


<ゴルフ情報ALBA Net>