米ツアーでプレーをする渋野日向子のセッティングを分析。アマチュアの参考になる点はどんなところかをフィッター兼クラフトマン吉田智に聞いた。


米ツアーでプレーをする渋野日向子のセッティングを分析。アマチュアの参考になる点はどんなところかをフィッター兼クラフトマン吉田智に聞いた。

◇ ◇ ◇

女子プロが選ぶシャフトの傾向として、全体がしなって戻るモデルが増えています。高慣性モーメントの大型ヘッドで、振り遅れを防ぎながら、狙い通りの球筋でボールを飛ばせるからです。

渋野プロのドライバースペックを見ると、フェースをしっかりターンさせて、安定したドローが打てるようにセッティングで作られていますね。

ヘッドは浅重心の『G430 LST』を採用。重心距離が短いため、フェースコントロールがしやすくドローが打ちやすいはず。深重心の『G430 MAX』などはミスに強いですが、重心距離が長いので一度開くとフェースが戻りにくいので、ドローヒッターには不向きな傾向があります。フェースターンを少なくして振るタイプに合うヘッドといえます。

シャフトは全体がしなる先調子の『ツアーAD CQ』に変更したことで、やさしくドローボールが打ちやすいと思います。全体が硬めで一部だけが動く〝部分しなり〞シャフト(例、フジクラの『ベンタスブラック』)に比べて、〝全体しなり〞シャフトは部分ごとの剛性差が小さい。そのため、シャフトの運動量が多く、つかまりが良い。アマチュアのスライス対策にも有効なタイプですね。

グラファイトデザインの『ツアーAD CQ』以外にも、日本シャフトの『N.S.PRO レジオフォーミュラ MB+』、フジクラの『スピーダーNXグリーン』やUSTマミヤの『LIN –Q』が同じ〝全体しなり〞シャフトとして人気ですね。

彼女は1W以外にも3Wと5Wにも『ツアーAD CQ』を採用しています。同じフィーリングで振りたい意図の表れでしょう。面白いのは、3Wは1Wと同じ『ツアーAD CQ』の5Sを使用している点。これはティショットでも使うため、同じ重量帯を選んでいると思います。5Sの方がライナー弾道で飛びやすい。

もしセカンドショットを重視するなら、より重い6Sを使う方がオススメです。重めのシャフトの方がヘッドが厚く入るので、スピンが入りやすいし高い弾道で打てるんです。アマチュアの方も彼女のウッド系のシャフト選びを参考にするといいと思います。

【渋野日向子のクラブセッティング】
1W:ピン G430 LST(10.5度/ツアーAD CQ 5S、44.75インチ)
3W:ピン G430 LST(15度/ツアーAD CQ 5S)
5W:ピン G430 MAX(18度/ツアーAD CQ 6S)
4〜6U:キャロウェイ ローグST MAXファスト(21・24・27度/スチールファイバー i70CW R)
6I〜W:ピン i230(スチールファイバー i95CW R)
50・54・58度:ピン グライド3.0(DG 95 S200)
PT:ピン アンサー 2D
BALL:タイトリスト プロV1X
※練習ラウンド、プロアマで使用した15本を記載

■渋野日向子
しぶの・ひなこ/1998年生まれ、岡山県出身。2019年に「全英AIG女子オープン」で優勝を飾る。21年に米ツアー予選会を突破し、それ以来米ツアーを主戦場に。今季は米ツアー優勝を狙う。サントリー所属


■吉田 智
よしだ・さとし/クラブメーカーを経て「プレミアム ゴルフスタジオ」(渋谷区)でフィッターを務める。アマチュアだけでなく多くのプロからも信頼され、これまでに女子ツアー5勝、ステップ・アップ・ツアー1勝、シニアツアー1勝をサポートしている

◇ ◇ ◇

●ボールの打感にはいろいろあり、それによってプレースタイルも大きく変わってくるという。関連記事【“打感”でゴルフは変わる! 最新ボール23機種をドライバーの打ちたい弾道で仕分けしてみた】を読めば、アナタに合うボールが見つかる。


<ゴルフ情報ALBA Net>