<ヒーローインディアンオープン 最終日◇31日◇DLF G&CC(インド)◇7416ヤード・パー72>

DPワールド(欧州)ツアーのインド大会は最終ラウンドが終了した。単独首位から出た中島啓太が5バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの「73」をマークし、トータル17アンダーで2位グループに4打差をつける圧勝を飾った。


優勝直後のインタビューでは「プロのキャリアにおける新しい1勝目だと感じている。アメージング」と素直に喜びを表した。

2位に4打差から首位でスタート。前半を4バーディ・1ボギーとして大量リードを持って後半に入った。ところが「少し緊張していた」と14番ではダブルボギー。15番でバーディを取り返したが16番から3連続ボギーを喫した。

「バックナインはタフだったけど、ただいいショットを打つだけだった」と踏ん張り、リードを守り切った。青木功、松山英樹、久常涼、星野陸也に続く日本勢の欧州ツアー5人目の優勝者となったことには笑顔を見せた。

今季の目標を聞かれると即答。「このツアーで(ポイントランキング)トップ10に入って、2025年のPGAツアーに行くこと、それが今年のゴールです」と力強く語った。


<ゴルフ情報ALBA Net>