■彼と付き合っても大丈夫?
「彼、こういう欠点があるけど、付き合っても大丈夫かしら?」と悩み、恋に踏み込むのに躊躇してしまう人は意外といます。

特に、20代後半にもなると、単に恋愛というよりも、結婚も視野に入れた交際を考える人が多いからこそ、目の前の相手に理想とは違う部分があると、付き合うのを悩んでしまうこともあるでしょう。そんなときは、どうしたらいいのでしょうか?

付き合う前に見ている相手の姿というのは、ある意味、表面的な部分に過ぎないこともあります。結局、どんなに想像上で考えたところで、その恋がうまくいくかは、付き合ってみないと分からないことは多いものです。さらに言えば、そこから先についても、一緒に住んでみないと分からないこと、結婚してみないと分からないことも色々あるものです。

だから、失敗ばかり怖がっていたら、何も経験もできないし、学べないので、「まだ結婚するわけではないのだから、好きなら(興味があるなら)付き合ってみたら?」というのが、正直な意見です。

人は、相手を通して知ること、学ぶことも多いもの。恋愛をすることで、「自分には意外と嫉妬深い部分があった」なんて発見をしたり、相手と深く関わっていくことで、「人を愛する」ということを本当の意味で理解したりすることもあるでしょう。それが、仮にその恋愛が終わったとしても、次の恋愛で生かせるのです。人生に無駄な経験は、ほぼありません。

もちろん「DVの傾向がある」「女癖が悪い」「虚言癖がある」「多額の借金を抱えている」「相手が結婚をしている」など、明らかに自分を不幸にしそうな相手の場合は、よほどのチャレンジャーでない限り、やめておいた方が無難です。その人と関わったことで、人生が悪い方に転落することもあるからです。

ただ、そこまで大きな問題はなく、心惹かれるものがある相手なのであれば、怖がらずにまずは付き合ってみてもいいのではないでしょうか? 付き合ったことで初めて知る相手の魅力が、欠点を上回ることだってありますしね。恋愛に踏み込むことに躊躇してしまう人の中には、恋愛相手に好条件ばかりを求め、恋愛のチャンスを壊している人が意外といます。そんな人が犯しやすいミステイクがあります。

■理想の王子様は、本当にいる?
恋愛相手に好条件を求めすぎてしまい、恋のチャンスを逃している人は意外といます。そのまま理想の王子様が現れないまま、月日だけが経ってしまうこともよくあることです。条件だけで言えば、男女限らず若ければ若いほど、恋のチャンスはあります。失敗を恐れ、経験から学ばないまま年ばかり重ね、理想の伴侶を探し続ける行為は、意外とリスキーと言えるでしょう。

結局、恋愛相手に好条件を求める人たちは、自分が本当にその条件を求めているかというと、それよりも「失敗したくない」から、一般論としてパートナーにふさわしい相手を求めている場合も少なくありません。

ただ、一般的に条件が良くても、自分にとって良いとは限りません。また物事には100%良い面ばかりではなく、それに伴う悪い面だってあります。例えば、色々な面で恵まれているようなエリートの人だからこそ、恵まれない人の心の痛みが分からないこともあります。また、お金持ちでルックスも抜群で、ユーモアがあり、優しい性格であれば、他の女性も放っておかないことだって多いもの。常に「浮気されるのでは?」とヒヤヒヤしなくてはいけなくなることもあるでしょう。

つまり、相手の“好条件の裏側”もきちんと見られるようでないと、付き合ってから「こんなはずじゃなかった!」の連続であることも多いのです。でもそれは、ある程度、経験から学ばないと気付けないことも多いでしょう。

また結婚を考慮して、エリートだと言われる職業の人を選んだとしても、別に相手が弁護士だろうと、パイロットであろうと、プライベートで2人っきりのときは、“ただの男”です。だからこそ、「彼の素の部分を受け止められるくらい愛せるか?」の方が、恋愛関係を維持するためには重要です。仮に結婚できたとしても、相手が転職をしたいと言い出すことだってあるでしょうし、病気になって働けなくなることだって、可能性はゼロではありません。相手選びの際は、そこまで想定することも大切です。

つまり、条件でばかり相手を見ている人は、表面的なものでしか物事を見られていないことに、きちんと気付いた方がいいでしょう。そんなことよりも経験を通して、「自分にとって譲れない条件はなにか?」をきちんと知った方がいいのです。

自分にとって譲れない条件さえクリアしていたら、一般的には「その人、止めておいた方がいいんじゃない?」と言いたくなるような相手であっても、幸せになれる可能性もあります。

■一般論に振り回されていない?
一般的には条件が悪い相手でも、自分にとっては好条件であることもあるものです。例えば、「働かない男性はやめた方がいい」とは言われますが、自分が働いて相手には専業主夫になってもらう方がうまくいく女性だっています。尽くされることが幸せな女性もいれば、尽くすことで自分の中に愛を増やし、幸せを感じる人もいます。

結局、恋愛も結婚も正解なんてものはありません。「恋愛結婚が理想的」だと思う人は多いですが、人によってはお見合い結婚の方が、その後の結婚生活がうまくいくこともありますし、中には、従来の生活スタイルにこだわらない別居婚の方が合う人もいます。合う、合わないは、人それぞれです。だから、一般論に振り回されて、自分に合う環境を掴めないなんてことは、すごくもったいないことなのです。

最終的には、自分が選択したことに対して、仮に失敗したとしても、「自分で責任をとる覚悟があるか」が一番重要です。それさえあれば、周りが止めるような人との恋愛でも踏み込めます。その結果、失敗したとしても、そこから学べることもあるでしょうし、逆に周りの人が想像しなかったほど幸せになることだってあります。人それぞれに能力、得意なこと、苦手なこと、さらに器の大きさは違いますしね。

一般論ばかり重視してしまう人は、自分の恋愛、結婚に「責任をとる覚悟がない人」であるとも言えます。だから、恋愛でも結婚でも、周りがいいというものを手に入れて、失敗しても自分のせいにしたくないのです。言い訳がほしいのです。

自分の人生なのだから、自分を信じ、自分で判断し、失敗しても、それも含め、責任をとれる覚悟を持った方が、自分らしく生きられるものです。それさえあれば、人の意見にばかり振り回されることなく、自分にふさわしい経験をすることができます。それこそが、自分の人生なのです。人生に正解もありません。最期に、「自分がやりたいことを思いっきりやったぞ! 楽しかったぞ!」と思える方が、幸せな人生とも言えます。もちろん失敗はしないに越したことはありません。でも、失敗を通して学べることもあるし、それを通して、より自分が強くなれることもあります。悪いことばかりではありません。

結局、大失恋をした人、修羅場となって別れた人に対して、月日が経って心が落ち着いた頃に「その恋愛(結婚)をしないで、なにもない方がよかった?」と聞くと、「別れたときは大変だったけど、その恋愛(結婚)をしてよかった」と答える人は意外と多いものです。それだけ人を愛した経験は貴重ですし、人生を彩るものなのです。

「彼と付き合っても大丈夫?」と不安になったときは、たとえ別れることになったとしても、その経験に対して自分で責任をとる覚悟があるか?をきちんと自分に聞いてみましょう。もし「YES!」であるなら、周りが何を言おうとも、「GO!」ですよ。自分らしく恋愛を楽しんでみましょうね。

ひかり