■資産のリスクを「360」で評価する方法とは

まず、運用するお金を「リスク資産」と「無リスク資産」に分けます。リスク資産は、「一年後に、最悪で3分の1損する可能性があるが、それと同じくらいの確率で、4割もうかることがあり得て、平均的に年率5%くらいのリターンが期待できるもの」と考えます。

さて、あなたは、いくらリスク資産を買いますか?金額的にうまくイメージできない人は、「360」という数字で考えるとよいでしょう。

これは、経済評論家の山崎元氏が書かれている「リスクを『360』で評価する」という簡単な方法です。『360』とは、「人生設計の基本公式」で「老後期間」を30年(65歳になってから、95歳になるまで)とした場合の月数です。

つまり、損失の金額を360で割ると、老後の一月分の取り崩し可能額がどれだけ減るかが計算できます。たとえば、360万円の損失は、老後の一カ月当たりの生活費が1万円減ることに相当します。この金額が許容できるという方は、360万円×3=1080万円まで、リスク資産に投資することが可能です。

リスク資産では、外国株式のインデックスファンドに6割、国内株式インデックスファンドに4割に投資することをお勧めしています。そして、「無リスク資産」は、当面使う予定のないお金は、「個人向け国債変動金利型10年満期」で運用し、何かあれば、今後いつでも使うことのできるお金としては、「普通預金」に入れておきます。

■税制優遇のあるiDeCoやNISAを優先的に
おおよそ、以上のような状態を、税制面で有利、かつ、運用のかかるコストが最も小さい状態で実現します。

運用方法はこれがすべてです。

え、こんなにシンプルでいいの?と思われるかもしれませんが、山崎氏によると、「数百万から数億円くらいまではこの方法で十分だそうです。今後、経済や金融の環境が変わると、より良い方法が見つかるかもしれませんが、現在のような低金利が続いている状態では、この方法で問題ない」ということです。

岩城 みずほ