■野球、サッカーなどスポーツチームを応援する定期預金がある

毎年春頃になると、数多くのスポーツチームを応援する定期預金が各金融機関で提供されています。

スポーツを応援する定期預金とは、野球、サッカー、ラグビーなどのスポーツチームを応援するものであり、応援するチームが優勝した場合などには、定期預金の金利をアップするといった特典が付いています。

また、スポーツチームに関するグッズがもらえる、観戦チケットがもらえるといったケースもあります。多くのスポーツ応援定期は、勝敗がある程度見込める前に取り扱いを締め切るため、夏になると既に販売終了となっている場合が多いといえます。

そんな中で、年後半からでも間に合うスポーツ応援定期預金があります。いったいどんなチームを応援する定期預金が発売されているでしょうか。

■金利が年0.1%上乗せされる可能性も
横浜銀行では、「2017後半戦横浜DeNAベイスターズ応援定期」を2017年7月24日(月)から9月29日(金)まで取り扱っています。この応援定期では、抽選にて横浜DeNAベイスターズの選手直筆サイン入りレプリカユニフォームを5名様に、選手直筆サイン入り色紙を5名様にプレゼントされるほか、基準判定日における横浜DeNAベイスターズの最終順位に応じて適用される金利が異なります。

例えば、基準判定日(7月12日、8月6日、8月22日、9月6日)における順位が1位であれば年0.1%、2位であれば年0.075%、3位であれば年0.050%、4〜6位であれば年0.025%の金利が適用されることになります。

実際には、基準判定日における順位により決まる金利は、金利適用期間に預入れを行うことで適用されます。例えば、基準判定日である7月12日におけるベイスターズの順位は3位で確定しました。その結果、7月24日から8月15日までの適用期間に預入れを行えば、年0.050%の金利が適用されることになります。つまり、順位が確定した後に預入れを行うことができるため、タイミングを見計らいやすいといえます。

■地銀ならではの取り組みといえる
こうしたスポーツ応援定期は、地元を意識した地銀ならではの取り組みといえます。山形を本拠地とするきらやか銀行では、「モンテディオ山形応援定期預金Part2」を2017年11月24日まで取り扱っています。モンテディオ山形の試合結果に応じて、翌営業日の週の定期預金金利が変わります。勝利した場合には店頭表示金利+年0.1%の金利が上乗せされ、引き分けの場合には店頭表示金利+年0.04%の金利が上乗せされます。

なお、きらやか銀行の窓口で申し込めますが、宮城県内の営業店は除かれますのでご注意ください。

このように、スポーツを応援する定期預金は、年後半でも様々取扱いが行われています。優勝を期待して春先に預けるといった方法の他、こうした順位や勝利が確定したうえで預けることが可能といった定期預金もありますので、是非活用してみましょう。お近くの金融機関にもこうした応援定期があるかもしれません。預けることでスポーツチームへの絆、関心がより深まることになると思います。

伊藤 亮太