歯の治療で今でもよく使われるのは、銀色の金属です。しかし、最近では、白い材料で治すこともできるようになってきました。今回は、銀色の金属を白く変える方法についてガイドが解説します。

■歯のかぶせ物に金属を使うメリット
今でも基本的には、わざわざ歯の色と違う金属を使うのにはちゃんと理由があります。

■安価
一部の金属は健康保険でカバーされるため、自己負担が少なく済みます。

■耐久性、強度がある
金属は口の中という過酷な環境で毎日使用しても、簡単に磨り減ったり、壊れたりしません。しかも薄くても強度があるため、歯を削る量も少なくて済むこともあります。

■精度が高く、細かい再現ができる
金属を溶かして型に流す「鋳造」という方法が多く使われるため、歯の形や咬み合わせなどといった、細かい部分を再現しやすくなります。

■歯のかぶせ物に金属を使うデメリット
■審美性(見た目)が損なわれる
口の中では銀色の金属は大変目立ちます。

■金属アレルギーの可能性
歯科用金属は、ほとんどの人には問題が起きないように、かなり配慮して配合されています。しかし金属を使用する限り、一部の人には金属アレルギーの心配が残ります。 それでも金属が口の中で使われているのは、機能的な面で全てにおいてバランスが取れているからです。特に強度に関してはその他のどの材料に比べても優れているので、大きなブリッジを作る場合などは欠かすことができません。

■歯のかぶせ物を白く目立たなくする方法
歯に使われている金属を白くするには主に次の3つのタイプが選択されます。

■白い詰めもの(レジン)
虫歯が小さく早期発見などケースで使用されます。ほとんどの歯に使用でき、健康保険でカバーされ、色も豊富で短期間で治せて目立たなくすることが出来ます。多くの歯科医院で一般的に使用されています。最近では、健康保険では認められていない、より審美性を重視した白い詰めものも一部で使われ始めています。

■白いはめ込むタイプ(インレー)
はめ込みタイプは、詰めものでは治せない、少し大きい虫歯に使用されます。歯の中に金属が埋め込まれているように見えます。

白くするには金属部分を削り取り、歯と同じ色のセラミックやレジンのハイブリットタイプで作り直します。これらの物は、健康保険は使えないため、費用は1本2万円程度から10万円程度かかります。

■白い被せもの(クラウン)
歯全体が金属で作ってあるように見えます。一般的に被せものと言われています。

前歯の部分は白く見えるように健康保険で一部カバーされます。奥歯はカバーされないので白くするためには自費となります。

セラミックなどの審美性の優れた材料で歯と同じような色と形にする場合、費用は1本5万円程度から15万円程度かかります。 過去に虫歯で治療してある場合、ほとんどはこの3種類で治しているはずです。

費用も銀色の面積が大きくなればなるほど、白くするのに費用がかかります。しかし面積が大きい銀歯を白くすると、口の中の審美性が格段にアップしていきます。一般的に銀色が目立つのは、前歯であれば上の歯が目立ちます。奥歯であれば、下の歯が目立つことが多いと思います。

丸山 和弘