■歯は硬くて丈夫なものではない!

「歯は肌と同じです」と私はよく患者さんに話します。美容に関心の高い人なら、クレンジング剤や洗顔フォームにこだわりますよね。肌に心地の良い、使いやすいものをみなさん購入していることでしょう。

しかし、歯磨き粉や歯ブラシはあまりこだわりを持っていない人が多いようです。それは、“歯は硬くて丈夫なもの”というイメージがあるからかもしれません。しかし、歯は鋼鉄のように硬いものではないのです。たとえるなら、上質な漆器です。

良い漆器を間違ってナイロンたわしで洗ったり、研磨剤の多く入った洗剤で洗ったりすると、表面に傷がつき台無しになってしまいます。歯も同様に硬いもので強く擦れば、簡単に傷がついてしまうのです。とてもデリケートなものだということを、覚えておいてくださいね。

■1 歯磨きのポイントは“ブラブラ”と45°!

手をグーにして歯ブラシを持っている人はNG。鉛筆を持つ要領で、人差し指と親指で歯ブラシを持ちましょう。力を入れず、歯ブラシが“ブラブラ”するくらい軽く持つことが大事です。

奥歯や歯の裏側を磨くときも、この持ち方でOKです。強く握れば握るほど、歯へのブラシのあたりが強くなり、歯を傷つけてしまう可能性があります。

また、歯ブラシを優しく当てるときは、角度がポイント。歯ブラシを歯に対して垂直にあてると歯の見える部分しか洗えないので、歯ブラシを歯と歯茎の境い目の歯周ポケットに向けて斜め45°に動かしましょう。歯の汚れを落とすだけではなく、歯茎のマッサージにもなり、ピンク色の健康的な歯茎を目指せます。

■2 電動歯ブラシは“時々使い”を心掛けて

「手で磨くより汚れがきれいに落ちる!」と謳った高性能な電動歯ブラシが、最近はとても人気がありますね。今まで電動歯ブラシは、大きくて男性向けのようなイメージでしたが、最近ではお化粧ポーチに入るような可愛いものが目立ってきました。

そこで、こんな質問を受けることが多くなってきました。「電動歯ブラシと歯ブラシどっちが汚れを落とせるのですか?」これはとっても難しい質問です。

例えば、自分で歯を磨くのが苦手で大嫌いな方にとっては、電源を入れれば動いてくれる電動歯ブラシのほうが、効率良く汚れを落とすことができるでしょう。

しかし、電動歯ブラシに頼りすぎるのは危険です。電動歯ブラシは歯と歯茎へのタッチが強く、歯に短時間あてただけで、磨いたような気になってしまいます。実は、電動歯ブラシの振動で歯のキワの汚れを落とすのは難しいのです。

そこで、電動歯ブラシを愛用している方には基本は歯ブラシを使い、時々電動歯ブラシを使ってみる“時々使い”をおすすめしています。やはり手できっちりと汚れを落とせるように努力するのが一番です。そして、時々は電動歯ブラシに頼ってみるのも良いでしょう。

■3 マウスウォッシュをすれば歯磨きしなくてもOK?

昔、子どもの患者さんにマウスウォッシュで口の中のばい菌をなくせるのかと、聞かれたことがあります。マウスウォッシュにはアルコール成分が入っていて、口をゆすぐと爽快感があるので、汚れが落ちるのかと思ってしまったのでしょう。もちろん、答えはNOですね。

ゆすぐだけで汚れが落ちれば、歯を磨く必要がなくなってしまいます。また、爽快感が心地よいからと言って、頻繁に使用するのはおすすめしません。アルコール成分が含まれているので口腔内と歯の表面を乾燥させてしまい、 口の中を清潔にする働きのある唾液の効き目が薄くなってしまいます。

もし、どうしてもマウスウォッシュを使用したいときには、水で薄めて使用するほうが歯とお口のためと言えます。

■4 歯ブラシは週一で替えるのがベスト!

さて、みなさんは歯ブラシをどれくらいのペースで交換していますか? 新年には“新しい下着と新しい歯ブラシ”というのは常識ですが、もしかして1年に1度、なんてことはないですよね。

私は審美歯科ドクターをしていることもあり、1週間に1度は新しい歯ブラシに交換しています。「まだ使用できるのにもったいない!」と言われたことがありますが、そんなことはありません。1週間も使用すれば、歯ブラシは絶対に毛先が開いてきます。そのまま歯を磨くと、歯茎を傷つけ、歯茎が痩せてしまう原因になってしまいますよ。

一度痩せてしまった歯茎は二度と戻りません。大きなリスクを背負うことを考えると、1週間に1度の歯ブラシ交換は全然もったいないことではないのです。「それは分かるけど……」という方は、せめて月に1回交換することをおすすめします。

■5 歯磨きの頻度と時間はどのくらい?

私は「夜の歯磨きタイムは最低30分間かけて!」とみなさんに伝えています。30分というと長いような気がしますが、歯ブラシの他に歯間ブラシやデンタルフロスを使用して歯の汚れを取ろうとするとあっという間ですよ。

ただ、歯の汚れをきれいにとろうと思って歯の表面を強く磨きすぎるのはNG。歯は丁寧に細かく磨いていくのが良いですね。一日1回は歯のために、ゆっくりと時間を使ってみてくださいね。

また、頻度は基本的には食後毎回です。歯に食べカスが残ると虫歯になってしまったり、濃い色の食事を摂ると歯に色が着色してしまったりします。毎回に30分かける必要はないので、こまめに歯の汚れを落としましょう。

■6 歯磨き粉は泡立ちと研磨剤の少ないものを

最初にクレンジング剤や洗顔フォームを選ぶように歯磨き粉を選んでほしいと述べました。おすすめの歯磨き粉は、あまり泡立たないで、ジャリジャリした粒が入っていないものです。

よく泡立つのは気持ちが良いですが、泡が口の中でモコモコと増えてしまって長時間歯を磨くことが困難になります。また、ジャリジャリしている粒は研磨剤と呼ばれ、歯の表面に着色した汚れを取るのには向いていますが、使いすぎると歯の表面を削り傷つけてしまいます。歯は肌と同じくデリケートなものです。歯に優しい歯磨き粉を選びましょうね。

今回は歯磨きについての説明でしたが、もし磨き方などに不安を持っていたら、お近くの歯科医院で歯磨き指導を受けると良いでしょう。

毎日の正しい歯磨きは、健康への第一歩です。みんなで自然な美しい歯を手に入れましょう!

石井 さとこ