口臭はなかなか自分では気づきにくいものですが、無頓着でいるのは重大なエチケット違反! そこで、口臭を起こす様々な原因と対処法、口臭を予防する便利アイテムを紹介していきたいと思います。

■口臭の原因とは
■生理的なものが原因
空腹時や食欲がない時、緊張状態が長時間続いた時、生理時、寝起き、加齢等により唾液の分泌量が減少して口腔内の殺菌力が低下した場合や、食べ物の残りカスなどが分解・発酵することにより口臭が発せられます。

■健康状態が原因
口腔内疾患(虫歯、歯槽膿漏など)、胃腸疾患、肝機能低下などの疾患が原因で口臭が発生する場合があります。

この2つ以外にも、タバコ、にんにく、にら等の臭いの強い食品を食べたことによる口臭などもあります。

■口臭への対処法
■生理的口臭の対策
本来人間の体には、口腔内を清潔に保つ機能が備わっています。その役割をするのが「唾液」。唾液には、口腔内の食べカスや細菌などを洗い流し、口腔内を清潔に保つ機能があります。

特に生理的原因での口臭の場合は、唾液の分泌量を増やすことが大事。朝ごはんを食べてから出かける、食事でよく噛む、デオドラント用のガムを噛む、出来る限りストレスを溜めないようにリラックスできる時間を作る等を心掛けましょう。

また、過剰な清潔志向により、殺菌力の強い歯磨き粉の使用や過剰な歯磨きなどで口腔内細菌のバランスを崩してしまうことも、逆に口臭を起こす原因になるので要注意!

口腔内の清潔を保ち、唾液の正常な分泌を保つことが、口臭の予防・改善の第一歩です。

■病的口臭の対策
口内炎や消化器系の機能低下などの場合は、食生活の見直しやサプリメントの摂取により、口臭を改善できることがあるでしょう。

それ以外の疾患については、一度病院で相談するのが◎。口臭が病気の早期発見につながることもあります。

■臭いの強い物を食べた後の対策
緑茶、紅茶、ウーロン茶、ハーブティー、コーヒー、牛乳などの成分や香りには脱臭効果があるので、これらを飲むことで、多少は臭いが緩和されます。

また、市販の口臭除去剤(洗口剤、ガム、ブレスケアなど)を活用するのもオススメです。

■口臭予防に役立つ便利アイテム
次からは、口臭予防に役立つアイテムをご紹介していきましょう。いずれもドラッグストア等で購入できるものですので、目的や用途に合わせて是非活用して下さい。

■歯ブラシ
口臭予防のためには、歯ブラシでの定期的なブラッシングは欠かせません。そのためにはまず、自分に適した歯ブラシを選ぶことが大事です。

ブラシ部分が大きい場合、奥歯の後ろなどを磨き残してしまうことが考えられるので、ブラシは機能的な範囲で小さいほうが◎。また、毛が硬いと歯茎を傷めてしまったり、すぐ毛が開いてしまうことがあるので注意。毛の硬いor柔らかいはメーカーによって違いますが、毛先が細いものを選ぶことがポイントです。

■洗口剤
口の中にふくませ、うがいのように使用する製品。製品に含まれる成分によって、刺激の少ないものや清涼感が爽やかなものなど効果も色々なので、含まれる成分や使用目的をチェックした上で、歯磨きと併用して口臭対策に使うのが効果的です。

あまり刺激の強いもの使い過ぎると、かえって口腔内を乾燥させ、口臭を引き起こしてしまうことがあるので注意しましょう。

■舌苔ブラシ
鏡に向かって大きく舌を出して、舌のチェックしてみましょう。舌の表面が真っ白くなっていたり、黄色っぽくなっていたりすると舌苔といって口臭の原因になるので要注意。この舌苔を自分で取るのはなかなか難しいので、舌苔ブラシを活用するのがオススメ。舌苔ブラシは擦っても舌を傷つけないよう作られているので、ゆっくり擦って取り除きましょう。

舌苔は全て除去するものではないので、神経質に全部取るのではなく、優しく少し取り除く程度がベターです。

■デンタルフロス
口臭は口腔内の食べ残しが腐敗して発生することが多いため、デンタルフロスを活用し、歯ブラシだけでは取りきれない食べ残しを取り除くことが口臭予防に効果的です。

デンタルフロスの使用方法は、20cmほどを切り取り、両端を両手の小指に巻く感じで持ち、両手の親指と人差し指でフロスを固定。そして歯の間にそっと滑り込ませ、歯同士の接触面を優しく擦ります。

■ブレスケア
ブレスケアには、「カプセルタイプ」「グミタイプ」「フィルムタイプ」などがあります。においの強い食べ物を食べた後や、歯磨きまでの間を持たせるグッズとして手軽で便利なアイテムです。

「カプセルタイプ」は、胃の中で溶けて消臭効果を発揮するため即効性はありませんが、数分後から効果が期待できます。「グミタイプ」は、噛み砕くので即効性があり、胃の中に入ってからの持続性も◎。「フィルムタイプ」は、手軽さと即効性が魅力ですが、持続性はあまり期待できません。

会話をする際、周囲に不快感を与えたり、恥ずかしい思いをしたりしないためにも、日頃から口臭予防をしっかり心掛けましょう!

和田 清香(ダイエット・ボディケアガイド)