ビズヒッツは、コロプラが提供しているサービス「スマートアンサー」と共同で、「嫌いな家事」に関する調査を実施。2020年9月1日、全国のワーキングマザー551人を対象にインターネット上で行いました。数ある家事の中で、あなたが嫌いな家事は何位にランクインしているでしょうか? ランキングを見ていきましょう。

■3位「料理」(14.9%)
「毎日作る必要がある」「疲れていてもさぼりづらい」と考えている人が多い、家事としての「料理」。1日に3食必ず作らなければいけないという義務感が、面倒くささを増幅させるのかもしれません。日々の献立や買い物も面倒な作業ですよね。「理由なし。とにかく嫌い」なんて意見も。

■2位「キッチンの換気扇やコンロ掃除」(15.3%)
油を使うことが多いキッチンは、汚れが目立ちやすい場所。「こびりつきを取るのに時間がかかる」「換気扇の取り外しが面倒」など、掃除をする際の手間が難点のようです。「この家に住んで13年、換気扇の掃除を一度もしたことがない。触るのもイヤ」という声も上がりました。

■1位「浴室掃除」(18.2%)
「浴室掃除」が嫌いな理由に関しては、湿気が多い場所ということもあり「カビやヌメリの掃除が大変」といった意見が多数寄せられました。髪の毛やゴミが溜まる排水溝掃除も「汚くて触りたくない」と、避けたがるワーキングマザーが多いようです。さらに「中腰姿勢で疲れる」「たくさん物があるから時間がかかる」といったネガティブな要素を挙げる人もいました。

■嫌いな家事があるワーキングマザー、40〜50代は9割以上
「嫌いな家事がありますか?」との質問に対し、87.7%の回答者が「ある」と回答。年代別で見ると、最も少ない20代で75.8%、最も多い40代で94.4%でした。子育てに加えて、仕事の重責も大きくなり、さらに体力の減少が伴う40代。家事に対するモチベーションが低くなるのもうなずけますね。

そんなときに活用したいのが家事代行サービス。家事代行や清掃代行の利用経験を聞いたところ、「ある」と回答した方は7.3%でした。利用者の感想は「さすがプロ」「リピートしたい」という声が多い一方で、経済的負担の大きさを指摘する人も。こうしたサービスを使いながら、上手に家事をいきたいものですね。