大東建託は過去最大級の居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の幸福度(自治体)ランキング2021<神奈川県版>」を発表しました。

神奈川県に住む成人男女4万1393人を対象に調査を行った結果、「街の幸福度(自治体)ランキング」1位は「横浜市都筑区(つづきく)」。次いで2位は「横浜市青葉区」、3位は「逗子市」でした。なお、TOP10のうち7つの自治体は「街の住みここち(自治体)ランキング」でもTOP10内に入っている街です。

■3位は利便性の良いリゾート地「逗子市」
三浦半島の北西部に位置する「逗子市」は、横浜市、鎌倉市、葉山町、横須賀市に接する自然豊かなエリアです。渋谷駅や新宿駅などの都心主要駅まで乗り換えなしで約1時間というアクセスの良さが魅力の1つ。一方で、リゾート地としても人気が高く、逗子海岸には毎年多くの人がにぎわいます。同市は「住み続けたい街(自治体)ランキング」では2位、「街に誇りがある」「街に愛着がある」の各ランキングでは4位に選ばれました。

■2位は自然と都市機能を併せ持つ「横浜市青葉区」
「青葉区」は、横浜市の北西部に位置しています。区内には公園や街路樹が多く、美しい街並みや閑静な住宅街が魅力の街。都心部までの交通アクセスが良いことから、通勤・通学にも便利なエリアです。子育て世帯からの人気が高く、「住みここち(自治体)ランキング」では3位を獲得。「静かさ治安」「行政サービス」「イメージ」「交通利便性」因子が高く評価されています。

■1位は異国情緒漂う美しい街並みの「横浜市都筑区」
「都筑区」は、横浜市の北部に位置しています。センター北駅を中心とする港北ニュータウンの開発で、商業施設や医療機関、鉄道の駅が徒歩圏内にある利便性の高いエリアです。「人間と自然」をテーマに開発された港北ニュータウンの街は、緑豊かな自然の中に快適な住環境を形成しています。同区は、「住みここち(自治体)ランキング」でも1位と高評価を得ています。

「街の幸福度ランキング」は、2019〜2021年の回答者数50人以上の自治体を対象として集計。幸福度の評点は、非常に幸福だと思う場合を10点、非常に不幸だと思う場合を1点とする10段階の回答平均を100点満点にするために10倍したものです。