2001年生まれ

日本時間21日の朝に行われるWBC準決勝日本対メキシコ。日本の先発は佐々木朗希(千葉ロッテ)と予告されている。

今回は決勝進出をかけた大一番を任された佐々木朗希と同じ2001年生まれのサッカー選手でベスト11を組んでみた。フォーメーションは3-4-3となっている。

※2001年生まれであり、日本で学年が上になる1月〜3月生まれも含まれる。

GKリュカ・シュヴァリエ(リール)

GKに選んだのは、リーグアンのリールで守護神を務めるリュカ・シュヴァリエ。昨季は2部リーグのチームで武者修行を行い、今季からリールに復帰した。昨年末にはアンダーのフランス代表にも選ばれた逸材だ。

DFウィリアム・サリバ(アーセナル)

今季のアーセナルの躍進を支える選手の一人。ほぼ全試合にスタメン出場し、リーグで3番目に失点数の少ないディフェンスを形成している。先日の怪我により、フランス代表は辞退することとなった。

DFユリエン・ティンバー(アヤックス)

オランダの強豪アヤックスでスタメンを張るユリエン・ティンバー。カタールワールドカップでも主力として存在感を発揮し、3月末の代表ウィークに向けたオランダ代表にも選ばれた。

DFゴンサロ・イナシオ(スポルティング)

ポルトガルの名門スポルティングで主力として活躍するゴンサロ・イナシオ。3月末の代表ウィークに向けたポルトガル代表にも選ばれた。

MFジェイコブ・ラムジー(アストンヴィラ)

昨シーズン、アストンヴィラで一気に頭角を現したジェイコブ・ラムジー。今季もここまで主力として活躍中。イングランド代表のアンダー世代にも選ばれており、近い将来A代表でプレーする可能性もあるだろう。

MFモイセス・カイセド(ブライトン)

三笘薫の同僚であり、今季のブライトンの躍進を支える一人。冬にはアーセナル移籍が噂されるなど、移籍市場の注目株となっている。

MFエンソ・フェルナンデス(アルゼンチン)

リーベルプレートでの活躍が認められ、2022年夏に欧州初挑戦としてベンフィカへ移籍。その年末のカタールワールドカップでアルゼンチン代表として優勝に大きく貢献し、2023年冬からはチェルシーでプレーする。

MF久保建英(レアル・ソシエダ)

今季レアル・マドリードを離れ、完全移籍でレアル・ソシエダに移籍した。多くの試合に先発出場を果たしており、リーグ戦で5ゴール3アシストを記録している。

FWブカヨ・サカ(アーセナル)

今季のアーセナルの攻撃陣を支える一人。リーグ戦ではゴール・アシスト共に二桁を記録しているが、アーセナルの選手としては16/17年のアレクシス・サンチェス以来となっている。

FWマルティネッリ(アーセナル)

サカと同じくアーセナルの攻撃の中心となっているマルティネッリ。リーグ戦でのチーム得点王であり、サカ、ウーデゴールと共に二桁得点のトリデンテを形成する。

FWフヴィチャ・クワラツヘリア(ナポリ)

セリエAでダントツトップを走るナポリの攻撃の中心。リーグ戦ではゴール・アシスト共に二桁を記録している。他の欧州クラブも目をつける逸材だ。

(By ALLSTARS CLUB編集部)

おすすめ:1994年生まれ!大谷翔平と同い年の有名サッカー選手たち