セックスは愛を確かめ合う行為。付き合っているならして当たり前。でも“なぜかお金が発生した”という、面白い事例を耳にする機会がありました。決して犯罪などではなく、ちょっと微笑ましい内容でもあったので、エピソードとしてご紹介しましょう!

文・塚田牧夫

1分ごとに100円

「彼がめちゃくちゃ時間に厳しい人。逆に、私は超ルーズ。待ち合わせしても、遅れてしまうことがよくありました。そんな私を見かねて、彼がある提案をしてきたんです。

“これからは、遅刻1分につき100円もらう”と。時間の大切さをお金に換算したらそのぐらいだろうと言うんです。渋々了解しました。

で、しばらくして彼とエッチをしていたときです。その日は、友だちとの旅行の手続きがあり、電話が来ることになっていました。それがよりによって、エッチ中に来てしまった。

いったん休憩を入れてもらい、電話に出ました。なんとか3分ほどで手短に済ませて、エッチ再開。

すべてが終わったときでした。彼は言いました。“3分待たされたから300円ね”。そこも取るか……。渋々支払いました」リョウコ(仮名)/28歳

3分以内なら1万円

「彼がちょっと早漏気味なんです。彼もそれを気にしていて、エッチのあとたまに申し訳なさそうにする。そんな彼が、ある打開策を提案してきました。

“罰金制にしよう”と言うんです。早くイッたら罰金。お金を払うのは嫌だから、絶対に頑張れると。で、3分以内なら1万円、5分以内なら5千円払うと言うんです。

そうなると私としては、エッチの時間よりも1万円が欲しくなるわけですよ。気合を入れてエッチに臨みました。

普段よりも積極的に攻めました。すると見事、挿入時間2分ほどで彼が発射。1万円獲得です。

しかし、私が頑張るのはおかしいということになり、結局この制度は一度しか用いられませんでした」チナミ(仮名)/27歳

音声のみ2万円

「あるとき彼がヘンなことを言い出しました。私とのエッチを“動画で撮りたい”と。私は“絶対イヤだ”と言いました。

すると、“1万円払うから”と言う。それを拒むと、“2万円払う”と金額アップ。ちょっと悩みましたけど、このご時世、何があるか分かりません。流出したらたまったもんじゃない。人生破滅です。で、断ったんですよ。

そうしたら今度は、“音声だけでもいい”と言い始めました。音声だけなら、誰かは分からない。もし聞かれても、演技ということにもできるでしょう。

絶対誰にも聞かせないという約束でOKしました。そしてスマホのボイスレコーダーのアプリで録音。2万円をもらいました」ミキヨ(仮名)/28歳

“なぜかお金が発生した彼とのエッチ”をご紹介しました。

恋人同士だからこそ成立するやり取りですよね。ちょっとした刺激にもなっていいのではないでしょうか。マンネリを感じている方は、こういったやり取りをマネてみてもいいかも……?

(C) Brian A Jackson / Shutterstock
(C) Phovoir / Shutterstock
(C) Kaspars Grinvalds / Shutterstock