仕事やプライベートが忙しくて、ついつい色々なものを放置してしまう……。心当たりがある方も多いでしょう。でもそんな何気ない行為が、あなたの運をどんどん下げてしまっているとしたら……。そこで今回は、“放置しておくと運気が下がるもの”を占い師の脇田尚揮さんにご紹介いただきます。

文・脇田尚揮

お風呂の水を何日も溜めておくと…

最近では、一度お風呂の水を溜めて、何日も入り続けるひとも少なくないようです。

確かに地球に優しい考え方ですが、三日以上お風呂の水を放置し続けるのはNGです! 水は循環することで、新しい運気を呼びこむキーアイテム。そんな水を長い間放置すると、出会い運や恋愛運も停滞してしまうのです。

恋愛運を下げないためにも、できれば二日に一度はお風呂の水を交換しましょう。もしそれが難しいなら、かき混ぜるだけでも構いません。

腐ったものを冷蔵庫の中に入れておくと…

食材を保存する冷蔵庫のようなものは、収入や貯蓄と密接に関係すると言われています。

定期的に冷蔵庫整理をして、新鮮で“生気”に満ち溢れた食べ物を入れておくと、お金の巡りが良くなるのです。

逆に、冷蔵庫に腐った食材を入れっぱなしにしておくと、お金の巡りは悪くなり、みるみる内にお財布も空になってしまうでしょう。食べ物は腐る前に食べ切り、常に新鮮な食べ物が入っているような状態にしましょう。

洗い物をシンクに溜めておくと…

食事の後、使った食器を洗うのって結構面倒くさいですよね。ついついそのまま、何日も放置してしまうことも……。

でも、風水的にそれは絶対にしてはいけない行為。

シンクなどの洗い物をする場所は、人間関係を表すと言われています。そんな場所に、食べ終わった後の食器類を放置しておくと、人間関係がこじれてしまうかも……。

なるべく、使った食器はすぐに洗うよう心がけましょう。きっと、人間関係もうまくいくはずです。

枯れた観葉植物を放置しておくと…

観葉植物は、風水において非常に重要なアイテムと言われています。置き場所や種類さえ間違わなければ、あなたの運気を高めてくれるありがたい存在です。

そんな観葉植物を、枯れたままいつまでも放置しておくのは絶対NG。良い気を取り入れてくれる存在が、逆に悪い気を放ってしまうのです。体調を崩すきっかけになるかもしれません。

もちろん、枯らさないことが一番ですが、枯れてしまった観葉植物はすぐに処分するようにしましょう。体調を崩すきっかけになるかもしれません。

風水においては、ものの流れが滞ると運気が下がるとされています。あなたの家も、上の4つのポイントが当てはまらないか確認してみてください。もしかしたら、最近いろいろなことが上手くいかない原因はそこにあるのかも……。

(C) goodluz /shutterstock
(C) Andrey_Popov /shutterstock
(C) Camilo Torres /shutterstock
(C) Marcel Jancovic /shutterstock
(C) Chalermpon Poungpeth /shutterstock