現在大量発生中のレスなひとびと、いわゆる「レスびと」の相談内容を、TVや雑誌など多くの媒体で活躍中の、恋人・夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにうかがいます。セックスレス、恋愛レスと、レスにもいろいろある。今回は、ワンパターンセックスに飽き気味の29歳人妻。出会い系アプリや不倫に興味を持ち始めた彼女に、三松先生がマンネリ打破するHテクを伝授します。

文:三松真由美 イラスト:犬養ヒロ

【レスなひとびと】vol. 21

向上心レスの二人は永遠にワンパターンセックスを続けることに。
那津絵(29歳)なんて粗末な寝室事情。

那津絵は結婚して4年目になる。夫の俊介との仲は良いほうだ。毎晩お気に入りユーチューバー動画を見てふざけ合うし、定期的にセックスもする。居心地がいい相手。ただそのセックスについては一点悩みがある。こんなセックスだ。

まず「ナッチ……」とハグされる。これは「したい」の合図。応じるようにキスをして舌先を俊介の舌にからませる。ねっとりキッス。これで俊介の股間が騒ぎ始める。耳、そして首、胸、下へと手が伸びていき、最後は正常位で20回のピストン。完遂。

ちゃんとオーガズムは得られる。身体の相性が悪いほうではないし、求められるのは嬉しい。セックスレス流行のご時世、なんの不満があろうか。

しかし、女とはなんと強欲な生命体であろうか。毎度同じ手順で、進行されるセックスパターンを身体が覚えてしまった。

「ああ、いつものコース。はいはいはい。次はここよね。はいキター」

まるでピアノ教室でがんばる小学生を見ている気分。教本通りにうまく弾けました。それ以上でも以下でもありません。

那津絵の元彼は性的好奇心が強かった。サーカス的体位の取り組み。場所もさまざま。お風呂で、ソファで、床で、路地でしようとしたこともあった。正直、セックスでは元カレに軍配が上がる。俊介に言えないけど。

結婚後、俊介の向上心がないことに気づいたのだ。

最近ではエロ動画サイトでイケメン男優を見て「いろいろな体位でされていいな」と生唾を飲み込むことに。

今はアプリなど、男性と出会うツールならいくらでもある。セックス目的なら、即日相手が見つかる。そうだ! 元カレに連絡をしてもいい。一瞬、悪魔のような考えがよぎり、その考えを急いで打ち消す。俊介のことが好きなのだ。でも……うずく女芯の処理に頭を悩ませながら、今日も悶々とエロ動画を見るナッチであった。

セックスに決まったフローが生まれてしまうのは仕方がないことです。その流れで相手が喜んで「イクイクイクわあ」とのたうち回れば、これが最高の術と思うのが男心。そりゃヘビロテになります。

ただスタートからフィニッシュまでが、何年も同じ流れというのは、さすがに飽きる。向上心のかけらも見えません。とはいえ女性からスゴイ体位を提案する、ユニークなプレイをねだるなど大きなチャレンジを始めるのは心的ハードルが高いもの。ならば小さなチャレンジから始めることです。女性側も向上心を持たねばセックスなんていつまでたっても未熟なまま。

お風呂タイムに「背中流そうか〜?」と声かけて、そのまま風俗のおねえさんがするような泡ごっこやおっぱいプレイをしてみたり。いつも相手からの誘いで始まっているなら、こちらからスタートする。不意打ちで「え?いま?」のタイミングでパンツを脱いでみるのはどうだ。

どれだけ願っても他人は変わりません。変えたいことがあるなら、自分が変わるしかないのです。無理しない程度に、日々、コツコツと小さな変化をつけていくことで大きな石がゴロリと動くことはある。

「今さらだけど進化系のラブホテルに行ってみたい」「今日はサイコロで体位を決めてみない?」など、なるべくエンタメ要素を取り入れて楽しそうに提案。彼に圧をかけない形で、場を整えてあげる。他の人を求める前に、向き合えることはまだたくさんあります。女子側も向上心を捨てるな。

「デイリーチャレンジで向上しよう。え? いま? のタイミングでパンツを脱いでみろ」

三松 真由美
恋人・夫婦仲相談所所長・コラムニスト。バブル期直後にhanakoママと呼ばれる主婦の大規模ネットワークを構築。その後主婦マーケティング会社を経営。主婦モニター4万名を抱え、マーケティング・商品開発・主婦向けサイト運営に携わる。現在は夫婦仲、恋仲に悩む未婚既婚女性会員1万3千名を集め、「ニッポンの夫婦仲・結婚」を真剣に考えるコミュニティを展開。「セックスレス」「理想の結婚」「ED」のテーマを幅広く考察し、恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。日本性科学会会員。ED診療ガイドライン作成委員。20代若者サークルも運営し、若い世代の恋とセックス観にも造詣が深い。