痩せ体質への改善、減量に効果あり。ダイエットの最後の砦! プチ断食で体を変える! ダイエットで成果が出せず、諦めモードに入ってしまった「諦観型女子」もチャレンジ!

ここでは48時間でできる「プチ断食」をご紹介します。

生理後48時間の「フルーツ断食」

「プチ断食のタイムリミットは48時間」、そう語るのは、管理栄養士の伊達友美先生。

「初心者でも安全に行うことができ、リバウンドを防ぐには48時間がリミット。48時間食物が入らなくなると、細胞の中の毒素を出すオートファジー機能が働きます。プチ断食は胃腸を休め、この機能をオンにするのが目的です。毒素を出すには、天然のものだけを口にするのが理想。果物はそのまま食べられるので添加物ゼロ。ビタミン、ミネラル、抗酸化成分が自然な状態で摂れる理想の食べ物です」

最低限のエネルギーを果物の糖分から摂取できるので、栄養失調に陥る心配もなし。

「生理後はむくみが抜けるので、プチ断食を行うのに最適。毒素を出して体をリセットすれば代謝がアップ。ダイエットのスタートラインに立つ準備としてトライしてみて」

断食開始

生理終了後、断食前、最後の食事から48時間カウント
生理後または生理のピークを越えた4日目以降の、断食前の最後の食事を食べ終わった時間から開始。食事は添加物が多いコンビニ弁当、インスタント食品などを避ければ何を食べてもOK。

断食中

朝、1杯の白湯を飲む+国産の旬のフルーツ
起床後に白湯を飲み、国産の旬の果物を生で少量。午後は水分と果物を。一度にたくさん食べると胃が大きくなるので、分けて食べる。一度に食べるのは手のひらに収まる量が目安。
NG:バナナ、マンゴーなどの南国のフルーツ、ドライフルーツ、缶詰、アルコール、カフェイン

断食終了後

48時間後、最初の食事…焼き肉、うなぎ、寿司など良質なタンパク質と炭水化物
最後の食事から48時間後に回復食を。焼き肉や寿司、うなぎなど、素材そのものを味わえる食事が。良質なタンパク質や炭水化物をバランスよく摂ることで、睡眠中に代謝もアップ。
NG:パンやパスタなどの小麦加工品、牛乳&ヨーグルトなどの乳製品

断食後

むくみ、冷えの改善
酵素やカリウム豊富な果物を摂るので、むくみに効果てきめん。代謝も上がり、冷えの改善にも。美容面で変化を感じる人も多いよう。極度の空腹や、体のだるさを感じることなく行えるので安心。

伊達友美先生 管理栄養士、ダイエットカウンセラー。6000人以上の食事指導経験をもとに、各種メディアで活躍している。

※『anan』2019年6月12日号より。写真・中島慶子 イラスト・小迎裕美子 取材、文・末永陽子

(by anan編集部)