短期間での体型変化でいつも私たちを驚かせてくれる、セレブたちのダイエット事情。ここでは、映画ライターの山縣みどりさんに、最近痩せたと話題のセレブたちが挑戦したダイエット法について教えてもらった。

「このところよく聞くのが、日間だけとか、1日時間だけとか、期間や時間を決めて取り組む減量法。ジェニファー・アニストンやハル・ベリーが成功した“インターミッテント・ファスティング”や、新作映画『ハスラーズ』で50歳とは思えない見事なボディを披露したジェニファー・ロペスの“10デイズ・チャレンジ”などがそれ。これなら耐えられる! という日数や時間からメソッドを選ぶのが、いまの流行りのひとつなのかも。そして、何といっても驚いたのは、アデルの痩せっぷり! 抗老化遺伝子=サーチュイン遺伝子を含むサートフードと呼ばれる食品だけを食べる食事法で、元々の美人顔が活きるキレイなボディに。これとファスティングを組み合わせれば、さらに最強のダイエットになりそう」

インターミッテント・ファスティング

ジェニファー・アニストン

「1日を、16時間の断食時間と8時間の食べていい時間に分けるダイエット。平日は脂肪と炭水化物を同時に摂らなければ何でも食べてOK、週末2日間は断食or1日500kcalに制限して、脂肪を燃焼!」

10デイズ・チャレンジ

ジェニファー・ロペス

「50歳でも美ボディをキープしている彼女は、婚約者のアレックス・ロドリゲスと一緒にこのチャレンジを繰り返し実行。10日間炭水化物と糖分をカットした食生活を送るというハードなもの」

サートフード・ダイエット

アデル

「ワインもタバコもやめ挑んだのは、イギリスで人気の、ベリー類や抹茶、ケール、大豆など“サートフード”という食品だけを食べる食事法。細胞回復効果があり断食に似た作用があるとか」

山縣みどりさん 映画ライター、セレブウォッチャー。雑誌編集者を経て、フリーライターに。雑誌やWebでの映画評を中心に、海外セレブのゴシップについてなど、幅広く執筆している。

※『anan』2020年2月5日号より。写真・Getty Images 取材、文・若山あや

(by anan編集部)