国民的カジュアルファッションの「GU(ジーユー)」から、コスメブランド「#4me by GU(フォーミーバイジーユー)」が新登場! 2020年9月4日(金)の発売開始前から、SNS上では多くの期待の声が上がっていたんですよ。
そこで今回は目元や口元を彩る全18アイテムの中から、美容家の野村純子さんに「MULTI PALETTE(マルチパレット)」と「CREAM EYESHADOW(クリームアイシャドウ)」の各色を実際に試し、カラーや使い心地などを徹底レビューしていただきます!

文・野村純子

「MULTI PALETTE」¥1,639(税込)

トレンドを意識しつつ、使いやすいベーシックカラーが6色も入っているのが「MULTI PALETTE」(写真上)。

色は「11 PINK」、「26 ORANGE」、「72 PURPLE」の全3種類です。GUのファッションアイテムとの相性はもちろんのこと、さりげないラメやパールでデイリーメイクだけでなく秋っぽい旬メイクも叶えてくれそう。

「11 PINK」

「11 PINK」は、三つのパレッドの中で一番薄付き。素肌っぽくナチュラルな仕上がりにしたい方におすすめです。

なお、腕には上から順に、パレットの左端からとったカラーをつけています。「11 PINK」を使う場合は、ベースメイクで丁寧に肌色を整え、トーンを明るめに保つとより映えると思いますよ。

「26 ORANGE」

「26 ORANGE」は、どちらかというと肌色がイエべな方に向いていると言えるかもしれません。

ですが、筆者的にはアイブロウやアイライナーとしても活躍しそうなオレンジ&ブラウンだと思いますので、ぜひブルべさんにもチャレンジしてほしいアイテムです。

「72 PURPLE」

「72 PURPLE」を使うと、大人っぽいシックな仕上がりになるでしょう。

ちなみに筆者が数日前にGUを訪れたときには、このパレットから飛び出したような、同じ色のトップスやボトムスが並んでいました。パレットの色を一度に6色を使うのもいいですが、その日のコーディネートに合わせて選ぶとより楽しめるのではないでしょうか。

また、薄いピンクやオレンジは手持ちのブラシで付ければ“チーク”。ダークブラウンやチャコール系のカラーは、チップで付ければ“アイブロウ”としても使えそう! まさにマルチなパレットです。

「CREAM EYESHADOW」¥649(税込)

「CREAM EYESHADOW」のホワイト、ピンク、ブラウン、ゴールドの4色は、よく使う定番カラーとも言えます。

上でご紹介した「MULTI PALETTE」にも類似色が含まれていますが、ラメやパール、濡れツヤ感が異なるため、お好みに応じて併用すると雰囲気がガラリと変わりますよ!

また、クリームアイシャドウだと人によってはヨレたりするのかな……と思いきや、なんと“水分率53%”とのこと。
実際に使用してみたところ、ほんの少しの量でもサラッとのびてなじみますよ!

それでは、各色の特徴をご紹介します。

「01 WHITE」(写真一番上)

「01 WHITE」は、透明感があり、白というよりむしろシルバーラメのよう。目頭や涙袋にのせれば、キラリとアクセントになること間違いなし。

「11 PINK」(写真上から二番目)

「11 PINK」は、クリームチーク代わりにも使えそうなアイテム! ほどよい血色感を醸し出したいときにどうぞ。

「36 BROWN」(写真上から三番目)

「36 BROWN」は、まさに見た目のとおりに発色。実際に使用してみると、さりげないツヤ感がありました。

「81 GOLD」(写真一番下)

「81 GOLD」は、先ほどご紹介した「MALTI PALETTE」の「26 ORANGE」との合わせ技がおすすめ! くすみがちな目元も、パッと明るくなりますよ。

実際に購入するには?

なお今回ご紹介した各種コスメは、全国の「GU」の中でも大型店、超大型店のみの取り扱いとなります。

ですが、近くにお店がない方もご安心ください。「#4me by GU」のコスメは、オンラインストアでも購入できます!

ただ、オンラインストアでは会員登録が必要。かつ、¥5,000(税抜)以下の購入には別途送料がかかりますのでご注意を。

いかがでしたか?

「GU」と言えば幅広い世代のファンがいますが、同じくGUのコスメブランド「#4me by GU」のアイテムも世代を問わない色と価格だなという印象でした。

値段はプチプラですが、コスメはどれも厳しい品質基準に基づいた日本製。特に目元のアイテムには、アルコールや紫外線吸収剤を使用していないことも魅力的です。まさに、国民的なファストコスメになる予感がするアイテムでした!