ソロとして新たなスタートを切ったウォノが、9月4日にアルバム『Love Synonym #1: Right for Me』をリリースすることに決定! それに先立ち、8月14日にはアルバム収録曲「LOSING YOU」の音源とミュージックビデオが先行公開され、新生ウォノを垣間見せてくれました。そんなウォノに、アルバムに込めた想いとソロデビューへの新たな気持ちをリモートでインタビューしました。

文・尹 秀姫

【ペンになってもいいですか!?】vol. 133



--デビューおめでとうございます。今のお気持ちは?

今回こうしてananwebをご覧のみなさまにご挨拶することになってとてもうれしいです! こんなふうにインタビューを受けているのもすごく楽しいですね。いい時間になればうれしいです。

--ソロシンガー・ウォノとして、ファンのみなさんに一番見てほしいところは?

ひとりでステージに立つというのはやはりとても大変なことだと思いますので、ファンのみなさんにはこれから僕が成長していく姿を見守っていただきたいです。

--これから一番楽しみにしていることは何ですか?

ファンのみなさんが僕のことをずっと待っていてくれた分だけ、僕もこのアルバムでみなさんに少しでも楽しい時間をお届けすることができればと思っています。ただ、やっぱりこんなご時世なので、みなさんと直接お会いすることができないのがさびしいですね。

でも、みなさんが書いてくれたお手紙やメッセージには全部目を通しているので、それだけでもすごくありがたいですし、励みになります。本当にたくさんいただいてるんですよ! これから、ファンのみなさんが僕のステージを見てガッカリすることのないようがんばりたいですね。



--ファンダムの名前が「WENEE」に決定しました。この名前の意味は?

英語の「WE NEED」を略してくっつけたものなのですが、お互いが必要な存在であるという意味を込めて名付けました。たとえばファンのみなさんにとっては僕が、僕にとってはファンのみなさんが絶対に必要な存在であるということですね。名前の響きもかわいくて、テディベアっぽい感じもあって、すごく気に入っています。(*『くまのプーさん』の原題ではくまの名前はウィニー)

--アルバム『Love Synonym #1: Right for Me』には8曲が収録されています。アルバムを制作するにあたって、どんな作品にしたいと考えていましたか?

いろいろなジャンルの曲で、僕のいろいろな面を見せることのできる機会だと思ったので、そこはすごく考えていた部分ですね。今回のアルバムでは本当に多様なジャンルの音楽、そしてさまざまな振り付けにチャレンジしています。

--タイトル曲「Losing You」は熱烈な愛の歌のような、ファンの方への気持ちを込めた手紙のような歌詞が印象的でした。この曲にどんな気持ちを込めましたか?

僕にとってファンのみなさんがどれほど大事で大切な存在であるかを知ってほしくて、そんな僕の気持ちを込めて歌いました。原曲は韓国語なんですが、世界中にいるファンのみなさんにも聴いていただきたかったので、英語バージョンも作りました。

MV公開は英語バージョンが先に公開されたんですが、アルバムには韓国語バージョンも収録されていますし、日本のファンのみなさんにもこの曲の歌詞を直接伝えたくて、日本語バージョンのリリックビデオも作ってYoutubeにアップしたんです。少しでも日本のみなさんがこの曲に親しみを感じてくれたらうれしいです。

--MVでは変わらぬ肉体美と、より豊かになった感性を感じられるボーカルがお見事でした。心がけたことはありますか?

今回はできるだけシンプルに、僕の表情や目だけで感情をストレートに伝えることに注力して撮影しました。MVの監督さんも、僕がファンのみなさんに伝えたい気持ちを映像に込めるという部分をとても大切にしてくれました。初めての撮影だったので最初はやっぱり緊張していたのですが、スタッフのみなさんがたくさん助けてくれたおかげで、無事に撮影できました。



--「Losing You」は先行公開されるやいなや、16の国や地域でiTunes K-POPチャート1位を獲得するなどファンの方の期待度の高さがうかがえましたが、実感はしていますか?

1位になるなんて思いもしなかったので、とてもありがたかったですね。ファンのみなさんがこうしてたくさん応援してくれるので、もちろんこれまでもがんばってはいましたが、自分がやれることをもっともっとやらなければ、とあらためて思いました。

--ファンの方の愛情や期待はどんな時に一番実感しますか?

僕のファンクラブの公式カフェに送られてくるみなさんのメッセージを読む時ですね。メッセージは韓国語で書かれたもの以外にも英語や日本語、いろいろな言語で書かれていますが、必ず僕自身が目を通しています。今までいただいたの中で一番印象的だったのは、「片時もそばを離れず、いい思い出を作っていこう」というメッセージで、心に響きました。

--アルバムの中で特におすすめしたい曲を教えてください。

もちろんどの曲も僕にとっては大切な曲ですが、みなさんにとって聴きやすいと思う曲は「I JUST」ですね。強い感情が込められた曲でもありますので、ぜひ聴いてほしいです。「時間が止まっているみたいだ 今が一体何時なのか」といった歌詞があるのですが、そこから動き出す感情を味わうことのできる曲です。



--ソロアーティスト・ウォノとしての目標を教えてください。

ひとりでステージを作り上げること、これからもいい音楽をみなさんにお届けすること、ですね。そしてこれから状況がよくなったら、みなさんと一緒にコンサートをして、楽しく笑って泣いて……。もちろん、日本にも行きたいです!

--日本に来れるようになったら何をしてみたいですか?

今でもたまに想像するのですが、日本に行ったらおいしいお店めぐりをしたいですね! これまで東京とか大阪、福岡といった大都市には何度も行っているのですが、また京都とか北海道とかにも行ってみたいです。あとは温泉(笑)。

--食べるのが好きなんですね。一番恋しい日本の食べ物は?

一番好きなのはラーメン! 最近はゆずラーメンが好きです(日本語で)。

--日本でやってみたい活動は?

まず一番はハイタッチ会とコンサートですね。ファンのみなさんと直接会って、触れて、そういうことがしたいです。CDショップもまわりたいですし、日本のラジオ生放送にも出てみたいです。あと、すごく個人的なことですが、サーフィンしたいです!(笑)

僕は日本が大好きなんですが、日本ってサーフィンができる海が多いんですよね。以前、日本に行った時にサーフィンショップに遊びに行ったこともあるんです。なので一度日本でサーフィンしてみたいですね。といってもまだ人生で2度しかやったことがないんですけど(笑)。もちろん、日本でコンサートもして、ファンのみなさんともお会いしたいです。



--最近は思うように外出ができない日々が続いていますが、おうちでできる趣味や新しく挑戦したことなどはありましたか?

実は今、Youtubeのチャンネルを準備しているところなので、ホームトレーニングの動画を撮影していました! 簡単なものですが、僕がホームトレーニングのやり方をみなさんに教える動画ですね。それに料理を作ったり、動物たちのおやつを手作りしてみたりもしました。いろいろやってますね(笑)。

--こんな時期だからこそ逆にやってみたいことはありますか?

実は僕のオンラインコンサートが決定しているんですよ! あとは、まだオンラインでできることは限られていますが、オンラインサイン会が楽しみです。オンラインなので海外にいらっしゃるファンの方と対面で映像通話ができるのがいいですよね。僕にとってもファンのみなさんにお会いできる唯一の方法でもあるので、楽しみです!

--今はまだ韓国に会いに行くことができず、また日本にウォノさんをお迎えすることもできず、さみしい思いをしているファンの方もたくさんいると思います。そんなファンのために、励ましのメッセージをお願いします。

こうしてインタビューをすることができて、僕の想いを丁寧にお伝えることができて、とてもいい機会をいただいたと思っています。今は難しい時期ですが、こうした機会を通して、または僕のコンテンツを通して、少しでも僕と一緒に楽しい時間を過ごしていただければと思います。

僕も今、いろんなことを準備していて、これから発表になるコンテンツがまだまだたくさんありますし、実は次のアルバムについても早くリリースできるよう今がんばっているところです。みなさんが休む暇、退屈する暇もないくらい一生懸命働いて、いろいろなものをお見せする予定です。楽しみにしていてください!

--歌手以外にも今後やってみたいことはありますか?

ミュージカルや演技にも挑戦してみたいですし、いろいろな映像コンテンツも制作してみたいです。演技はまだ未経験ですし、うまくできるかどうかわからないので、どんな機会でもいただけるのであれば全力でやりたいです。僕にはまだたくさんの機会が必要なので! 最初はぎこちない部分もあると思いますが、努力を怠らずがんばれば、ファンの方にもいつかは認めていただけるのではないかと思います。

個人的には日本のドラマ『深夜食堂』が好きなので、ああいう番組に1回限りのカメオ出演なんかもしてみたいですね(笑)。僕は食べることが好きで、日本の料理も大好きなので、日本が恋しいです。韓国でもこの番組は人気があるんですよ。とにかく、やれることはすべて挑戦して、ファンのみなさんにいろいろな面をお見せしたいです。



--最後にメッセージをお願いします。

みなさんにはずっと元気でいてほしいです。すごく会いたいけど、僕も我慢しているので、ファンのみなさんにもあと少しだけ我慢していただいて、その代わりに僕がたくさんいろんなものをお見せしますね。

ずっと元気で、おいしいものたくさん食べて、幸せに過ごしてください!