『愛のひみつ』というちょっとドキッとするタイトル通り、ハンバートハンバートの新作はLOVEが溢れるアルバム。

テーマは全曲LOVE。さまざまな愛の物語を奏でます。

「曲が出そろったところで、テーマを探ったらLOVEだな、と思いまして」と全曲の作詞・作曲を担当する佐藤良成さん。その12曲はさまざまな愛のカタチ、恋人、夫婦、家族、ときどき片思い。

「ドラマの配役を決めるように、この曲は主役、こっちは三枚目の役とか、バリエーションが出るように曲を配していますね」(佐藤)

一曲一曲がまるで一編のショートムービーのような物語がある愛の歌を、佐野遊穂さんのふんわりしたボーカルでしみじみと聴かせてくれる。

「ずっと仕事部屋にこもって作曲しているので、知らないメロディが聞こえてくると、新しい曲できたな、って。気付いても、いつも何も聞かないんですけどね」(佐野)

「詞がついてからはじめて聴かせます。ボツになることもあるし、書き直しもあります。けっこう手厳しいんですよ(笑)」(佐藤)

「歌い手というより、リスナーの気持ちで、ここまで言っちゃったらつまらないよとか、そんなアドバイスをしていますね」(佐野)

佐藤さんと佐野さんは夫婦デュオ。自宅に仕事部屋があり、3人の子供たちと家族として日々生活する中で曲が生まれ、ハンバート ハンバートの作品になる。そんなほっこりしたイメージや、佐野さんのキュートな歌声と相まって、ふたりの音楽に癒される! という人も多いけど、このアルバムには、ちょっと後ろめたい“闇”や“深淵”を覗いてしまったような瞬間もある。詞の世界にもじわりと浸りたい作品なのだ。

「作詞は苦行ですね。ただ自分の実体験というわけではなく、人生において見聞きしたものを引っ張ってくることが多いかもしれない」(佐藤)

結成して22年間、トラックは佐藤さんがアレンジし、楽器演奏もほぼひとり。アレンジは何十パターンも作るそうだ。選び抜いたアレンジに、多彩な音色の楽器を駆使して作られる独特のサウンド。そこに佐野さんの歌が乗ってハンバート ハンバートの世界に到達。そんな制作過程を聞くと『愛のひみつ』の秘密にグッと近づく感じがする。

「今回、アニメ作品のために書いたテーマ曲を2曲セルフカバーしました。細かくオーダーされる制作が、僕たちにハマったというか、すごく楽しかったんです。オリジナルはどうしてもシブくなる傾向があるので、ポップなハンバート ハンバートも味わって欲しいですね」(佐藤)

10th album『愛のひみつ』10月21日発売。【初回限定盤CD +特典DVD】おしゃべり+撮り下ろしでアルバム収録曲を演奏した映像を収めたDVD付き。¥3,500、【通常盤CD】¥2,800(SPACE SHOWER MUSIC)

ハンバート ハンバート 1998年結成の佐藤良成と佐野遊穂によるデュオ。オリジナル作品と並行してテレビ、CM 、映画などに数多くの楽曲を提供している。今年8月、閉園間際の『としまえん』で無観客生配信ライブを行い、話題となった。

※『anan』2020年10月21日号より。写真・土佐麻理子 ヘア&メイク・橘 房図 取材、文・北條尚子

(by anan編集部)