リモートワークでついつい運動不足、カラダもだいぶお疲れ気味…。そんなあなたに捧げるanan恒例の人気企画「カラダにいいもの大賞」。2020年秋、見事グランプリに輝いたのは?

「カラダにいいもの大賞」グランプリは…feel the ZEN 坐禅 ZAFU

ヨガ、瞑想、坐禅に最適! おうちで大活躍「坐禅用座布団」
カラダを整え、息を整え、心を整える…。これすなわち「調身(ちょうしん)、調息(ちょうそく)、調心(ちょうしん)」ということ。心身が乱れやすく、ストレスで疲弊しがちな今の時代、一番大事な考えです。実は、この3つが全て叶うのが“坐禅”なんです。

そこで目をつけたのが、坐禅を行う際にお尻の下に敷く“坐蒲(ざふ)”。こちらは、普段お寺用の坐蒲を作る職人が手がけた、カラフルな一品。基本サイズの“坐蒲”は直径1尺(約30cm)、高さ約17cmで、一般的なクッションより硬く、高さがあります。ここがポイントで、座って坐禅を組めば骨盤が立ち、あぐらを組んだ両膝が浮かずに膝側面が床につく。両膝と骨盤が安定するので、背骨が正しいラインを描く姿勢でカラダが整うのです。これこそ瞑想の理想姿勢。この状態でゆっくり呼吸をすれば、腹式呼吸もラクラク。数分間目を閉じて呼吸を続ければ、瞑想のノウハウを知らない人でも心身が整い、リラックスできるでしょう。

しかも、こちらの“坐蒲”には、うれしい付加価値が。実は、おうちでの床座りの姿勢や、腰が沈むソファは、腰痛の原因になることも。お尻や腰の支えに“坐蒲”を使えば、姿勢が整い痛みも軽減します。心身に数多の恩恵がある、温故知新の座布団です。

こんな感想が…

坐骨を立てて座る形が作りやすい。呼吸が深くなるのがわかります。(28歳・ヘア&メイク)
色、形が普通に可愛い。床座りが多い私の生活にもぴったりです。(33歳・編集)

坐禅の座り方

深〜い呼吸が自然とできる。
坐蒲の上にお尻を乗せ、あぐらをかいてから坐禅の足の形に整えて。足が組めない人は、あぐらのままで呼吸をしてもいい。

正座の方が落ち着く人には。

正座が好きだという人には、直径7寸(約21cm)がおすすめ。坐蒲は全8サイズあるので、体格や好みに応じて選べる。

feel the ZEN 坐禅 ZAFU 麻 萌黄(1尺)、麻 京紫(1尺)各¥11,900 麻 桜鼠(7寸)¥10,500 feel the ZEN TEL:075・746・3870 

ブラ¥7,500 パンツ¥14,200*いずれも税込み(共にルルレモン TEL:080・0080・4090)

※『anan』2020年10月28日号より。写真・多田 寛 スタイリスト・仮屋薗寛子 ヘア&メイク・浜田あゆみ(メランジ) モデル・メイ・パクディ 文・板倉ミキコ

(by anan編集部)