フィクションだから描ける“母の恋”、ハラハラドキドキを一緒に楽しんで! 金曜ドラマ『恋する母たち』に出演する、俳優・木村佳乃さんにお話を伺いました。

結婚をし、子を産み、母となった女性たちが、魅力的な男性と再び出会ってしまったら…? 現在放送中の金曜ドラマ『恋する母たち』は、そんな女性たちの物語。

「もともと私は原作マンガの読者で、“ドラマになったら絶対おもしろいだろうな…”と常々思っていたので、まずドラマ化が嬉しかったですし、しかも私に出演依頼をいただいて…。ダブルでびっくりでした(笑)」

木村さん演じる主人公の石渡杏は、夫と一人息子と暮らす平凡な主婦。しかしある日、会社のお金を横領した夫が女性と失踪してしまう。

「夫がいなくなり収入も断たれ、それこそ髪を振り乱して仕事を探し、シングルマザーとして働いてきた。そんな中で、夫と失踪した女性の夫である斉木さん(小泉孝太郎)と11年ぶりに再会し、惹かれていく…。杏さんは真面目でまっすぐで、恋愛ベタ。“言わなきゃいいのに…”ってことを言っちゃうんですよ。でも、彼女のそんな部分に共感を覚える女性は多いと思うので、ぜひツッコミを入れながら見ていただけると」

杏以外にも、2人の“恋する母”が登場。売れない小説家で主夫の夫と、息子を養うキャリアウーマンの優子(吉田羊)、セレブ暮らしの半面、不倫する夫を問い詰められないまり(仲里依紗)。3人は、息子が同じ名門高校生という共通点がある。

「各々素敵な男性と出会ってしまい、恋をするのか、しないのか…。不倫って現実ではタブーですが、ドラマなどフィクションの世界なら思い切り描ける題材。いろいろ大変な時期だからこそ、みなさんがこのハラハラドキドキに浸って、ストレス解消をしてくださったら嬉しいです」

私生活ではお嬢さんがいる木村さん。息子とはどんな存在?

「よくぞ聞いてくださいました! めっちゃかわいいんです! 私の息子を演じている藤原大祐くんに、もう完全にノックアウトされてます(笑)。里依紗ちゃんが、“息子ってかわいいよ〜”と言ってたんですが、“これか!”と毎日実感しています。撮影の合間も横で、“今日はどうやって帰るの? 電車?”とか、無駄に話しかけちゃってます、私。絶対藤原くんは、“うるさいなぁ”って思ってると思いますけど(笑)」

『恋する母たち』 同じ名門校に息子を通わせる三者三様の母3人。夫と駆け落ちした女性の夫に、会社の後輩社員に、強引に誘惑する落語家に、それぞれ惹かれていく…。原作は柴門ふみのコミックス。毎週金曜22:00〜、TBS系にて放送中。

きむら・よしの 俳優。1976年生まれ、東京都出身。ドラマや映画、舞台はもちろん、バラエティ番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でも活躍。出演映画『ファーストラヴ』『騙し絵の牙』が来年公開予定。

ピアス¥29,000 リング¥27,000(共にMayumi Murasawa TEL:080・5683・6485) その他はスタイリスト私物

※『anan』2020年11月25日号より。写真・小笠原真紀 スタイリスト・中井綾子(crepe) ヘア&メイク・佐野真知子(SCENT OF FIG)

(by anan編集部)