岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「ヘアメイク」です。

メジャーデビュー以降、テレビに出させていただく機会が増えてヘアメイクをしてもらうことがあります。これまでの人生、自分で髪型を整える場合は、アイロンでクセを伸ばすくらいのことしかしてきていませんから、ヘアメイクさんに整えていただくと、こんなに違うものかと驚くことがあります。先日も、とあるテレビ局でヘアメイクしていただいたのですが、そのときのヘアメイクさんが素晴らしかったです。僕は、昔からおでこが広くて、加齢とともに生え際が気になるように……。その上、クセ毛なのでスタイリングの仕方によっては前髪が割れちゃって、おでこがぱっくり見えてしまい残念な感じになることがあります。ですが、この方は逆毛とかを入れてちょうどよく前髪をふんわりボリューミーに仕上げてくれた。あ、この人は僕の髪質やクセの感じを理解して、こういう感じにセッティングしてくれたんやな、と思ってうれしかったです。

できるだけ僕の髪や肌質のことを理解している方にヘアメイクしていただけたらと思いますが、テレビ局は局ごとにヘアメイクさんが違うので、ときには今日の岡崎体育、メイク濃いな……というときもあるかもしれません。テレビを見たファンの方々の反応が気になる部分でもありますし、もっとも厳しいチェックをするのが(マネージャーの)松下なので、彼女に「今日はいい感じですね」と言われるとホッとします。

僕の場合は、メイクといっても目をぱっちりさせるわけでもなく、余分な脂を抑えたり、肌のトーンを整える程度です。たとえば、ビジュアル系バンドのように盛ったメイクはやったことがないので、いつか挑戦してみたいなという気持ちもあります。僕は、顔のパーツが結構ボヤッとしているほうなので、それがメイクによってどれくらい変わるのか。このつぶらな瞳がどれほどバチッと大きくなるのか、試してみても面白そうです。そうして美容への意識も高めていきたいものです。

……とはいえ、普段の散髪は、相変わらず地元・宇治にある幼なじみがやっているヘアサロンに通っています。東京に出てきたからといって、表参道や代官山の美容室へ行くことはないですね。すごい技術があるとか、最先端のスタイルよりも、やっぱり、自分のことをわかってくれている人にやってほしいと思ってしまいます。

おかざきたいいく 『よなよなラボ』(NHK総合 毎月1回土曜24:05〜)が好評放送中。『おはスタ』(テレビ東京系)火曜レギュラー。『「劇場版ポケットモンスター ココ」テーマソング集』を12/23にリリース。

※『anan』2020年12月9日号より。写真・小笠原真紀 ヘア&メイク・村田真弓 文・梅原加奈

(by anan編集部)