恋心や愛を表現するときに、歌は大きな武器になる。大谷紀子さんの人気コミックが原作の『すくってごらん』で、尾上松也さんは改めてその事実に気づかせてくれる。

演じることで大切なのは、そこに感情があるかどうか。

ミュージカルでも活躍する歌舞伎界のホープが演じるのは、左遷された片田舎の町で金魚すくいの店を営む美女・生駒吉乃(いこま・よしの)に恋をする銀行員・香芝誠(かしば・まこと)。エリートコースからはずれた憂鬱な心の声や恋心が、赤と青のコントラストが美しい「和」の世界観の中、ラップや歌でポップに描かれる。中盤、街中で吉乃に想いをぶつける「オンリー・ユー、オンリー・ミー」は、恋の高揚感のみならず、身勝手さも浮かび上がらせる。

「まさしく、愛を伝えるのに歌はぴったりな手段ですよね。自分の想いが爆発してしまったがゆえに左遷されたように、香芝は心に爆弾みたいなものを抱えている。吉乃に想いをぶつけるシーンでは台詞を歌として表現していますけれど、想いが爆発した表現として非常にしっくりきました。歌舞伎では踊りのときはもちろん、お芝居の中でも音楽を使って表現します。歌舞伎もミュージカルも映像作品も、演じるということにおいて重要なのはその中に感情があるかどうか。それを表現できるかどうかということなんです。もちろん、映画と歌舞伎では表現の技法は違いますし、この映画でも歌舞伎とは変えています。ですが究極は、愛の表現に限らず、表現という意味ではどのエンターテインメントもすべて同じだと思いますね」

そのうえで、愛するという表現で大切にしていることは?

「自分が人を愛した記憶を思い起こすというか。その人をイメージするわけではないですが、演じるうえではそのときの感情が大きく役に立つと思います。今回でいえば、何よりその瞬間に吉乃さんを愛してるという気持ちをちゃんと持つことですかね」

自分の経験が反映されるとなると、当然、年齢を重ねることで変化もあるのだろうか。

「全然違ってきますよね。好きという感情はあっても、一緒にいると悪い部分も見えてきたり、我慢しなくてはならないこともあります。20代前半の頃は、そういう自分にとって嫌なことは全部受け入れられなかった。ですが、年齢も経験も重ねるなかで、相手を変えるのは無理ですので、結局は、相手の駄目な部分や自分とは違う部分も受け入れられるかどうかだと考えるようになりました」

それは吉乃が自分のことを愛してくれないという認めたくない現実を受け入れ、彼女の幸せを願うことに通じる。ポップなテイストの中に大人な視線があるこの作品を通して届けたいことは何だろう。

「人を決めつけないということですよね。自分が変わることで周りも変わる。自分が勇気を持って踏み出さないかぎりは何も変わらないということは、恋愛だけにとどまらない、人に対する愛情というところ。生活において色々な方と接するなかで、誰しも大なり小なり苦手に感じる相手はいるでしょうけど、そういう方も角度を変えて見たら意外といい人だったりする。そういうことにふと気づくような作品になったらいいですね」

この作品が幸せな余韻をくれるのは、その証拠だろう。映画館を後にするときには、思わず香芝が歌った歌を口ずさんでいる自分に気づくかもしれない。

「音楽と映像美のチャレンジングな構成も純粋に楽しんでいただきたいですね。音楽と映画はニコイチだったりして、『ホール・ニュー・ワールド』が流れれば、『アラジン』のシーンが浮かぶ。欲を言えば、『オンリー・ユー、オンリー・ミー』がかかったら、観てくださった方の脳裏には香芝が吉乃に想いをぶつける情景が浮かんでくれるような映画になれたらいいですね」

Q.松也さんにとって愛しさを感じるものはなんですか?

スニーカー。『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』を観たら、エアジョーダンが急に欲しくなりました。『スター・ウォーズ』などずっと好きなものはあるのですが、こんなに急激にハマったのは初めて。もし、急に熱が冷めたら、買い集めたスニーカーが自分にとって何の価値もないものになってしまうのではないかと心配です。

Q.愛する表現が印象的な映画があれば教えてください。

『ラブ・アクチュアリー』。キーラ・ナイトレイが演じる親友の奥さんに惚れちゃった男が、玄関先で何も言わず、フリップを見せて愛を伝えて、君が幸せであればいいんだと何も求めないで帰っちゃう。あのシチュエーションがすごく素敵です。ある種、香芝の感情と似てますよね。せつないのですが、観ているこちらもすっきりする。

Q.ラブとライクの違いはなんだと思いますか?

ライクは、その人のいいところだけしか見ないこと。ラブは、その人の駄目なところも受け入れること。本当に愛してると言える友人たちが僕にはいるのですが、彼らのことは悪いところも全部知っていて、そこも好き。悪いところも含めて、その人ですから。そこまで思えない人のことは、まだラブまで至ってないのでしょうね。

尾上松也 1985年1月30日生まれ。東京都出身。1990 年に二代目尾上松也を名乗り初舞台。『メタルマクベスdisc2』など歌舞伎以外の舞台でも活躍。山崎育三郎、城田優と立ち上げたプロジェクト「IMY(アイマイ)」でも活躍。

ジャケット¥36,000 パンツ¥18,000(共にミスターオリーブ/ウォークインクローゼット TEL:03・5459・1885) シャツ¥31,000(ティーエスエス/ティーエスエス 代官山ストア TEL:03・5939・8090) その他はスタイリスト私物

※『anan』2021年2月17日号より。写真・野呂知功(TRIVAL) スタイリスト・椎名宣光 ヘア&メイク・岡田泰宜(PATIONN) 取材、文・杉谷伸子 撮影協力・バックグラウンズ ファクトリー

(by anan編集部)